麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【10/31 Mリーグ2022-23 第2試合結果】高打点飛び交うシーソーゲーム!松ヶ瀬隆弥が一時1400点持ちから8000オールを決めて驚異的逆転!

【10/31 Mリーグ2022-23 第2試合結果】高打点飛び交うシーソーゲーム!松ヶ瀬隆弥が一時1400点持ちから8000オールを決めて驚異的逆転!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」19日目が10月31日(月)に開催された。

10月31日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:松ヶ瀬隆弥

南:鈴木優

西:伊達朱里紗

北:茅森早香

第2試合

東1局、伊達がピンフの1000点でアガって局を進める。

東1局 伊達 ピンフ 1000 ©ABEMA

東2局、親の優がピンフのリーチ。2600オールのアガリで連荘するが、次局は松ヶ瀬の一人テンパイで流局。

東2局 優 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1 2600オール ©ABEMA

東3局2本場、親の伊達が[②]単騎のドラドラ七対子のリーチ。

東3局2本場 伊達の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬、優がテンパイを取り切り、3人テンパイで流局。

次局は茅森が[中]を仕掛けて、リーチ後の優から[北]を捉え、親番を迎える。

東3局 中・赤1 2000 ©ABEMA

東4局、親の茅森がダブ東の後付けの仕掛けでテンパイ。

東4局 茅森の手牌 ©ABEMA

役がないほうのドラの[八]をツモってしまうが、[一][二][三]から[一]を切り、[東]を暗刻にして[二]単騎テンパイ。

東4局 茅森の手牌 ©ABEMA

のちに[⑨]単騎にかわり、リーチ後の松ヶ瀬から[⑨]で18000のアガリを決めた。

東4局 茅森 ダブ東・ドラ3・赤1 18000 ©ABEMA

次局も4000オールのツモアガリで一気に三者を引き離す

東4局1本場 茅森 リーチ・一発・ツモ・ドラ1・赤1 4000オール ©ABEMA

東4局2本場、松ヶ瀬の一人テンパイで流局し、南入。断ラスの松ヶ瀬だが、ここから12000、12000、8000オールと3連続でアガってトップ目に駆け上がる。

南1局3本場 松ヶ瀬 リーチ・一盃口・ドラ1・赤1 12000 ©ABEMA
南1局4本場 松ヶ瀬 タンヤオ・ドラ1・赤1 12000 ©ABEMA
南1局5本場 松ヶ瀬 ツモ・白・三色・ドラ3・赤2 8000オール ©ABEMA

松ヶ瀬の親が終わったのは南1局6本場。伊達の一人テンパイで流局する。

南1局6本場 流局 ©ABEMA

箱下の優の親番。高打点が見える手牌だが、テンパイまでたどり着かず、伊達がアガって南3局へ。

南2局7本場 白・ドラ1 2000 ©ABEMA

南3局、松ヶ瀬がタンヤオで仕掛けてテンパイ。

南3局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

またも松ヶ瀬のアガリかと思われたが、茅森が追いつきリーチして一発ツモ。

1000・2000のアガリでオーラスへ。

南3局 茅森 リーチ・一発・ツモ 1000・2000 ©ABEMA

南4局、優がドラの[⑤]を暗刻にして倍満ツモを狙うが、流局。茅森もテンパイを取り切り連荘。

南4局 優の手牌 ©ABEMA
南4局 流局 ©ABEMA

南4局1本場、跳満ツモで着順アップの優。2巡目でタンヤオピンフ赤1のテンパイでリーチ。

南4局1本場 優の手牌 ©ABEMA

親の茅森が追いつきリーチ。

南4局1本場 茅森の手牌 ©ABEMA

2人のアガリ牌は脇に流れ、流局間近。松ヶ瀬が茅森が切った[1]をポンしてハイテイのツモ番を優に送ると優が海底ツモ。

南4局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南4局1本場 優 リーチ・ツモ・ハイテイ・タンヤオ・ピンフ・赤1 3000・6000 ©ABEMA

優は跳満のアガリで着順アップに成功し、試合終了。連続で高打点を決めた松ヶ瀬が3勝目を決めた。

第2試合トップの松ヶ瀬 ©ABEMA

第2試合結果
1位 松ヶ瀬(風林火山)+67.2
2位 茅森(フェニックス)+11.6
3位 優(Pirates)▲28.1
4位 伊達(麻雀格闘倶楽部)▲50.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

10月31日トータル結果

風林火山(亜樹2着・松ヶ瀬1着)+71.6
麻雀格闘倶楽部(寿人1着・伊達4着)+12.5
フェニックス(近藤4着・茅森2着)▲39.1
Pirates(小林3着・優3着)▲45.0

風林火山が大きくスコアを伸ばしポイントをプラス圏内に浮上させることに成功。Pirates、フェニックスは苦しい戦いとなり一歩後退した。これで10月の試合が終了、明日から始まる11月の戦いはどのように展開が変わっていくのか。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月1日の対戦カード ©ABEMA
10月31日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top