麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【11/1 Mリーグ2022-23 第2試合結果】本田朋広が怒涛の連続攻撃で追随を許さず完勝!ABEMASのラス無し記録はここで途絶える!

【11/1 Mリーグ2022-23 第2試合結果】本田朋広が怒涛の連続攻撃で追随を許さず完勝!ABEMASのラス無し記録はここで途絶える!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」20日目が11月1日(火)に開催された。

11月1日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:松本吉弘

南:本田朋広

西:渋川難波

北:鈴木たろう

第2試合

大きく点数が動いたのは東2局1本場。たろうのリーチを受けた本田がタンヤオドラのカン[③]待ちテンパイをダマテン。

東2局1本場 たろうの手牌 ©ABEMA

次巡[③]をツモって4000オールのアガリで一歩リード。

東2局1本場 本田 ツモ・タンヤオ・ドラ2 4000オール ©ABEMA

次局、渋川がドラ[⑧]が雀頭のタンヤオピンフ高打点リーチ。

東2局2本場 渋川の手牌 ©ABEMA

渋川のリーチの一発目。完全な安全牌がない松本。赤赤七対子のイーシャンテンをキープする打[三]で放銃。

東2局2本場 松本の手牌 ©ABEMA

渋川12000のアガリで本田に食らいつく。

東2局2本場 渋川 リーチ・一発・タンヤオ・ピンフ・ドラ2・赤1 12000 ©ABEMA

手痛い跳満放銃となった松本だったが、東3局2000・4000のアガリで取り戻していく。

東3局 松本 リーチ・ツモ・ドラ1・赤1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、親のたろうはテンパイできずに流局し、南入。

南1局1本場、本田がツモリ三暗刻のテンパイをヤミテンとしていると、親の松本がドラドラ赤赤のリーチをかける。

南1局1本場 松本の手牌 ©ABEMA

本田の待ちが両面に変化し勝負。

すると本田が一発でツモアガリ。松本の高い手をかわす価値の高いアガリとなった。

南1局1本場 本田 リーチ・一発・ツモ 1300・2600 ©ABEMA

その後本田は南2局に2900、南2局1本場に3900とアガリを重ね、持ち点は5万点をこえる。

南2局 本田 リーチ・ピンフ 2900 ©ABEMA
南2局1本場 リーチ・ドラ1 3900 ©ABEMA

南2局2本場、たろうが高目[八]で高目三色のリーチ。

南2局2本場 たろうの手牌 ©ABEMA

たろうと競っているドラドラの松本。イーシャンテンをキープするが出ていく牌は[八]。たろうに12000の放銃となった。

南2局2本場 松本の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 たろう リーチ・タンヤオ・ピンフ・三色・ドラ1 ©ABEMA

南3局、南4局も本田が攻め切ってアガリを勝ちとる。本田は6万点オーバーの快勝となった。

南3局 本田 白・ドラ1 2000 ©ABEMA
南4局 本田 リーチ・ドラ3・赤1 8000 ©ABEMA
第2試合トップの本田 ©ABEMA

第2試合結果
1位 本田(雷電)+83.9
2位 たろう(ドリブンズ)▲1.9
3位 渋川(サクラナイツ)▲22.0
4位 松本(ABEMAS)▲60.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月1日トータル結果

雷電(瀬戸熊3着・本田1着)+50.3
ABEMAS(日向1着・松本4着)+25.8
サクラナイツ(内川2着・渋川3着)▲15.3
ドリブンズ(村上4着・たろう2着)▲60.8

雷電が本田の快勝でトータルポイントがあと一歩でプラス圏に浮上するラインまで到達。ABEMASは初の4着となったものの日向の特大トップで本日も加点に成功。ドリブンズは今月初戦も苦しい戦いとなってしまった。ギリギリの2着で踏みとどまれた結果▲400ポイントまで行かなかったことをプラスに捉えて今後の戦いに臨んでいきたい。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月1日の対戦カード ©ABEMA
11月1日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top