麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【11/1 Mリーグ2022-23 第1試合結果】リーヅモリンシャンドラ9!! 強烈な三倍満を決めた日向が大トップ!ABEMAS絶好調の8勝目でトータル500ポイントオーバー!

【11/1 Mリーグ2022-23 第1試合結果】リーヅモリンシャンドラ9!! 強烈な三倍満を決めた日向が大トップ!ABEMAS絶好調の8勝目でトータル500ポイントオーバー!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」20日目が11月1日(火)に開催された。

11月1日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:村上淳

南:内川幸太郎

西:日向藍子

北:瀬戸熊直樹

第1試合

東1局、村上がタンヤオ赤ドラの7700のテンパイをダマテン。

東1局 村上の手牌 ©ABEMA

そこへ内川が[⑤][⑧]待ちのピンフドラ1をリーチ。

東1局 内川の手牌 ©ABEMA

村上が[6][9]に手替わりし、追いかける。

東1局 村上の手牌 ©ABEMA

軍配は内川。1300・2600のアガリとなった。

東1局 内川 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1 1300・2600 ©ABEMA

東2局も内川、村上のリーチが飛び交うが、瀬戸熊が2000点でかわす。

東2局 内川の手牌 ©ABEMA
東2局 村上の手牌 ©ABEMA
東2局 瀬戸熊 東 赤1 2000 ©ABEMA

東3局、内川がペン[⑦]待ちの先制リーチ。

東3局 内川の手牌 ©ABEMA

配牌でドラ3の親の日向が追いつきリーチ。

東3局 日向の手牌 ©ABEMA

日向ドラの[7]を暗槓すると、嶺上にいたのは日向のアガリ牌の[六]

裏ドラがなんと暗槓した[7]。三倍満のアガリで持ち点は一気に6万点をこえた。

東3局 日向 リーチ・ツモ・嶺上開花・ドラ9 12000オール ©ABEMA

次局は内川が3巡目にピンフのリーチ。ツモって裏ドラが2枚乗り、満貫のアガリで東4局へ。

東3局1本場 内川 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

東4局、村上の先制リーチに内川、日向が粘って追いつき3人テンパイで流局。

東4局 流局 ©ABEMA

南1局1本場、内川がドラのカン[五]待ちでリーチ。

断ラス目の親番の村上。仕掛けてテンパイにたどり着くが、内川が[五]をツモアガリ、局が進む。

南1局1本場 村上の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 内川 リーチ・ツモ・ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

南2局は村上が先制も、待ち牌はすでに山になく、瀬戸熊が2000点で押してあがりきった。

南2局 村上の手牌 ©ABEMA
南2局 瀬戸熊 南・赤1 2000 ©ABEMA

南3局、村上が終盤で5メンチャン待ちでリーチも流局。厳しい展開が続く。

南3局 流局 村上の手牌 ©ABEMA

オーラス、瀬戸熊が変化を待ったが、個以上間に合わないと、[六][八]シャンポン待ちのリーチをかけるが、ここに切り込んでいったのは日向。

南4局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

タンヤオドラ赤の[四][七]待ちで押し切りツモアガリ。自ら勝利を決めた。

南4局 日向 ツモ・タンヤオ・ドラ1・赤1 2000・4000 ©ABEMA

ABEMASは今シーズン8勝目。また、ABEMASは昨シーズンのレギュラーシーズンから数えて32試合連続ラスなしの記録を更新することとなった。

第1試合トップの日向 ©ABEMA

第1試合結果
1位 日向(ABEMAS)+85.8
2位 内川(サクラナイツ)+6.7
3位 瀬戸熊(雷電)▲33.6
4位 村上(ドリブンズ)▲58.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top