麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【11/4 Mリーグ2022-23 第2試合結果】高宮まりがオーラスに逆転して今期初トップ!2度の4000オールで重厚な試合を制す!

【11/4 Mリーグ2022-23 第2試合結果】高宮まりがオーラスに逆転して今期初トップ!2度の4000オールで重厚な試合を制す!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」20日目が11月4日(金)に開催された。

11月4日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:黒沢咲

南:多井隆晴

西:近藤誠一

北:高宮まり

第2試合

東1局は黒沢がリーチをかけるも1人テンパイで流局。

東1局 流局 ©ABEMA

続く東1局1本場も近藤の仕掛けに全員が対応して流局。

このメンバーならではの重厚な麻雀が繰り広げられる。

東1局1本場 流局 ©ABEMA

東2局2本場は親番の多井が先制テンパイを入れるもリーチはかけず、そのままツモ。

500オールのアガリとなる。

東2局2本場 多井 ツモ 500オール

東2局3本場、多井が「海よりも広いイーシャンテン」から[8]を引いてリーチ。

東2局3本場 多井の手牌 ©ABEMA

多井への安全牌が無くなった近藤が顔を歪ませながら必死に凌ぐ。

海底では通っていないドラの[二]を恐る恐る捻り出して流局。

東2局3本場 近藤の手牌 ©ABEMA
東2局3本場 流局 ©ABEMA

続く東2局4本場は高宮の仕掛けを受けて、親番の多井がタンヤオでチー発進。

テンパイを入れるが、[③][⑥]は山に0。

東2局4本場 多井の手牌 ©ABEMA

ドラの[発]を暗刻にしていた黒沢もテンパイ。

[六]をプッシュし、[⑤][⑧]待ちのヤミテンを入れる。

東2局4本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

直後に多井が[⑤]を掴んで放銃。黒沢8000のアガリで突き抜ける。

東2局4本場 黒沢 發・ドラ3 8000 ©ABEMA

東3局、先制テンパイは黒沢。トップ目ということもあってかダマに受ける。

東3局 黒沢の手牌 ©ABEMA

高宮が[四]を重ねてリーチ。これを受けて黒沢は撤退を選ぶ。

東3局 高宮の手牌 ©ABEMA

終盤に親番の近藤がドラ3のテンパイ。

しかし最後のツモ番で高宮の当たり牌である[6]を引いてしまう。

東3局 近藤の手牌 ©ABEMA

冷静に[八]を抜いて撤退。高宮の1人テンパイで流局となり局が進む。

東3局 流局 ©ABEMA

東4局1本場は親番の高宮が7700以上確定のリーチを放つ。

そのまま1人でゴールテープを切り、4000オールのアガリ。トップへ浮上する。

東4局1本場 高宮 リーチ・ツモ・發・赤1 4000オール ©ABEMA

東4局2本場も高宮が牌を横に曲げる。待ちは[⑤]と場に1枚切れの[南]

多井が[南]を掴んで放銃。高宮3900のアガリで親番続行。

東4局2本場 多井の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 高宮 リーチ・赤1 3900 ©ABEMA

東4局3本場、まずは近藤が辺[七]待ち・赤2のテンパイ。

手替わりのパターンが少ないのでリーチにいくかと思われたが、ダマに受ける。

東4局 近藤の手牌 ©ABEMA

[東]を仕掛けていた多井にも辺[七]待ちのテンパイが入る。

東4局 多井の手牌 ©ABEMA

直後に黒沢が[七]を暗刻にし、[七]が山から無くなる。

近藤と多井のアガリが消えたと思われたが、近藤は[一]を重ねて[九]単騎待ちに。

東4局3本場 近藤の手牌 ©ABEMA

黒沢は辺[三]待ちのテンパイを入れていたが、外して[4][7]待ちに変えリーチを宣言。

東4局3本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

多井が[六]を引いたことで、[九]を切って嵌張に取る。

近藤は役がないため多井からはアガれず。直後にツモ切りリーチとした。

東4局3本場 近藤の手牌 ©ABEMA

この[九]が山に2枚全て残っていた。

近藤の右脳はこうなることを予見していたのか。[九]をツモ、2000・4000のアガリとなった。

解説の朝倉も「これは近藤にしかアガれていない」と絶賛していた。

東4局3本場 近藤 リーチ・ツモ・赤2 2000・4000 ©ABEMA

南1局、近藤が高打点の先制両面リーチ。

南1局 近藤の手牌 ©ABEMA

イーシャンテンになった多井が目一杯に受ける[4]を選び放銃。

南1局 多井の手牌 ©ABEMA

近藤8000のアガリ。多井は持ち点が0になる。

南2局 多井の手牌 ©ABEMA

南2局は親番の多井が先制リーチをかける。

南2局 多井の手牌 ©ABEMA

しかし多井の待ちは山から消えた上、近藤が追いかけリーチをして1000・2000をツモ。

多井はがっくりと頭を落とした。

南2局 近藤 リーチ・ツモ・タンヤオ 1000・2000 ©ABEMA

南3局、親番の近藤が嵌[⑤]で迷いなくリーチ。

近藤は前局のアガリで高宮をかわしてトップ目に立っている。

南3局 近藤の手牌 ©ABEMA

そこに追いついた黒沢、打点こそないがトップへの望みを繋ぐためリーチを選択する。

南3局 黒沢の手牌 ©ABEMA

この局は近藤が[六]を掴んで決着。黒沢2000のアガリでオーラスへ。

南3局 黒沢 リーチ・ピンフ 2000 ©ABEMA

オーラスは近藤が37100点持ち、親番の高宮が36800、黒沢が29100、多井が-3000という並び。

終盤に黒沢がテンパイ。ダマで満貫あり、高宮多井からの出アガリでは近藤と同点トップになる。

オーラス 黒沢の手牌 ©ABEMA

そこに高宮が[二][五]待ちで待望のリーチ。

オーラス 高宮の手牌 ©ABEMA

リーチ棒が出たことでアガリ無条件となった黒沢は当然のプッシュ。

両者ともに絶対に譲れないめくり合いを制したのは高宮。

最後の[五]をツモ、裏が1枚乗って4000オールのアガリが決まった。

オーラス 高宮 リーチ・ツモ・タンヤオ・裏1 ©ABEMA

続くオーラス1本場。近藤がホンイツで仕掛け満貫のテンパイ、高宮はダマ18000のテンパイを入れる。

オーラス1本場 近藤の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 高宮の手牌 ©ABEMA

両者ともに最後は降りて流局となった。

オーラス1本場 流局 ©ABEMA

重厚な第2試合を制したのは、麻雀格闘倶楽部の高宮。

高宮は今期初トップとなり、チームは再びプラスポイント3桁に返り咲いた。

多井は昨シーズン11月8日以来約1年ぶりのレギュラーシーズン4着となった。

第2試合トップの高宮 ©ABEMA

第2試合結果
1位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+68.8
2位 近藤(フェニックス)+13.1
3位 黒沢(雷電)▲14.9
4位 多井(ABEMAS)▲67.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月4日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(滝沢4着・高宮1着)+20.9
雷電(本田2着・黒沢3着)▲2.3
フェニックス(茅森3着・近藤2着)▲6.5
ABEMAS(白鳥1着・多井4着)▲12.1

各チームが1戦目、2戦目で逆の着順となり、ほぼスコアは横ばいとなった。ABEMASは今期初のデイリースコアマイナスとなったがまだまだ大きなポイントを保有している。ここから先もまだまだ優位な立場と言えるだろう。下位チームがどのように逆襲していくのか注目だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月7日の対戦カード ©ABEMA
11月4日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top