麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【11/10 Mリーグ2022-23 第2試合結果】園田賢が18000の強烈なカウンターを決めドリブンズ3勝目!放銃した多井隆晴はオーラスに2着浮上を果たす!

【11/10 Mリーグ2022-23 第2試合結果】園田賢が18000の強烈なカウンターを決めドリブンズ3勝目!放銃した多井隆晴はオーラスに2着浮上を果たす!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」23日目が11月10日(木)に開催された。

11月10日の対戦カード ©ABEMA
解説:伊達朱里紗 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:多井隆晴

南:園田賢

西:内川幸太郎

北:茅森早香

第2試合

東1局、内川にタンヤオ・ドラ1の嵌[⑤]テンパイが入るが、ここはダマに受ける。

マンズのホンイツに向かっていた多井から[⑤]がツモ切られ、内川2600のアガリ。

東1局 多井の手牌 ©ABEMA
東1局 内川 タンヤオ・ドラ1 2600 ©ABEMA

東2局は茅森が6巡目に先制リーチを放つ。

誰にも追いつかれることなく[6]をツモ、500・1000のアガリ。

東2局 茅森 リーチ・ツモ 500・1000 ©ABEMA

東3局は配牌ドラ3の多井が自風の[西]をポンして最速の満貫テンパイ。

東3局 多井の手牌 ©ABEMA

[8]が浮いていた内川、無念の放銃となる。あまりの速さと高さに表情が歪む。

東3局 内川の手牌 ©ABEMA

多井8000のアガリでトップ目へ。

東3局 多井 西・赤1・ドラ2 8000 ©ABEMA

東4局、多井が苦しい配牌を七対子に仕上げ先制リーチ。

東4局 多井の手牌 ©ABEMA
東4局 多井の手牌 ©ABEMA

園田にも役無し嵌[⑥]のテンパイが入っており、ダマのままドラ[9]も押していく。七対子には見えない手順のリーチになっている証明と言えるだろう。

東4局 園田の手牌 ©ABEMA

内川が[白]を掴み放銃。多井6400のアガリで1人突き抜けた。

東4局 内川の手牌 ©ABEMA
東4局 多井 リーチ・七対子・赤1 6400 ©ABEMA

ハイペースで局が進み南入。

南1局は園田が仕掛けを入れるもイーシャンテンから一向に進まず、終盤に形式テンパイを取った内川の1人テンパイで流局。

南1局 流局 ©ABEMA

南2局1本場はトップ目の多井が自風の[北]をポンしてテンパイ、園田の親番をかわしにかかる。

南2局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

園田が[②]を吸収、雀頭にして三面張の高打点リーチをぶつける。

南2局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

多井が一発で[七]を掴み放銃。

リーチ・一発・タンヤオ・ピンフ・赤1・ドラ1。

園田18000の強烈なカウンターが決まった。

南2局1本場 園田 リーチ・一発・タンヤオ・ピンフ・赤1・ドラ1 18000 ©ABEMA

南2局2本場は園田が持ち前の多彩な引き出しを発揮する。

[4][7]待ちの役無し・ドラ無しの先制テンパイを入れると、リーチは打たずダマに受ける。

南2局2本場 園田の手牌

多井から打たれた[7]をチー。雀頭の[九]を落としていき、守備力を維持しつつ形式テンパイに向かう。

南2局2本場 園田の手牌 ©ABEMA

策がきっちりと噛み合い、園田の1人テンパイで流局。役無し・ドラ無しの手を3000点の収入に変えた。

「卓上の魔術師」という異名を取る園田の独壇場に、実況の日吉は「マジックアワー」と名付けた。

南2局2本場 流局 ©ABEMA

続く南2局3本場も流局。内川の攻撃的な仕掛けに園田が受けながらもテンパイを取りきって連荘。

南2局3本場 流局 ©ABEMA

南2局4本場、ここまで我慢の展開が続いていた茅森の先制リーチ。

南2局4本場 茅森の手牌 ©ABEMA

同順、内川がドラの[③]を引き入れて追いかけリーチ。

南2局4本場 内川の手牌 ©ABEMA

内川有利かと思われたが、茅森が[2]を一発ツモ。

2000・4000のアガリで持ち点が3万点を超え、園田に迫る。

南2局4本場 茅森 リーチ・一発・ツモ・一盃口・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南3局は茅森のリーチと内川の仕掛けがぶつかるが、決着はつかず流局。

南3局 流局 ©ABEMA

南3局1本場、茅森と多井の仕掛け合戦が始まる。

茅森は[発]のポンから入るとドラ[6]を雀頭にして[1][4]待ちテンパイ。

南3局1本場 茅森の手牌 ©ABEMA

多井は[1]のポンからホンイツに向かうと自風の[西]もポン、[5][8]待ちのテンパイ。

南3局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

この局は多井が制し、2000・4000のアガリで3着に浮上してオーラスへ。

南3局1本場 多井 西・ホンイツ・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

オーラスは園田が37800点持ち、親番の茅森が32100、多井が19900、内川が10200という並び。

先制リーチは親番の茅森。絶好のドラ[⑤]を引き入れ、[一][四]待ち。

オーラス 茅森の手牌 ©ABEMA

そこに跳満を見て一度テンパイを外していた多井が追いつく。三面張で勝負のリーチ。

オーラス 多井の手牌 ©ABEMA

両者ともに着浮上がかかっためくり合いは、多井が[⑦]を一発でツモって決着。

裏が1枚乗り、3000・6000のアガリで茅森を下して2着となった。

オーラス 多井 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・ドラ1・裏1 3000・6000 ©ABEMA

今期3勝目、そして個人連勝を掴み取った園田。

またもドリブンズの窮地を救う救世主となった。

多井は18000を放銃したにも関わらず、最後はきっちり2着にまとめた。

第2試合トップの園田 ©ABEMA

第2試合結果
1位 園田(ドリブンズ)+54.8
2位 多井(ABEMAS)+12.9
3位 茅森(フェニックス)▲14.9
4位 内川(サクラナイツ)▲52.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月10日トータル結果

ABEMAS(白鳥1着・多井2着)+76.4
ドリブンズ(村上2着・園田1着)+58.7
フェニックス(魚谷3着・茅森3着)▲35.8
サクラナイツ(堀4着・内川4着)▲99.3

ABEMAS、ドリブンズが大きく加点に成功、フェニックスとサクラナイツが苦戦となったため下位のポイント差が大きく縮まる1日となった。しかしまだまだポイント差は大きい、ドリブンズはここから着実にポイントを加算していけるかが鍵となるだろう。園田以外の3名の奮闘が待たれる。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月11日の対戦カード ©ABEMA
11月10日終了時点の個人スコア

関連ページ

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top