麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【11/10 Mリーグ2022-23 第1試合結果】白鳥翔がレギュラーシーズン通算100戦目をトップで飾る!堀慎吾とのライバル対決を制し、今期ノーラスで3勝目!

【11/10 Mリーグ2022-23 第1試合結果】白鳥翔がレギュラーシーズン通算100戦目をトップで飾る!堀慎吾とのライバル対決を制し、今期ノーラスで3勝目!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」23日目が11月10日(木)に開催された。

11月10日の対戦カード ©ABEMA
解説:伊達朱里紗 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:堀慎吾

南:魚谷侑未

西:白鳥翔

北:村上淳

第1試合

東1局は白鳥と村上がいきなりリーチでぶつかる。

東1局 白鳥の手牌 ©ABEMA
東1局 村上の手牌 ©ABEMA

残り枚数ほぼ互角のめくり合いを制したのは白鳥。

2000・4000のアガリで好スタートを切る。

東1局 白鳥 リーチ・ツモ・ピンフ・赤1・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

東2局、今シーズンは積極的な鳴きを良く見せる村上が[東]をポンして先制テンパイ。

魚谷の[四]を仕留め、1000のアガリ。

東2局 村上 東 1000 ©ABEMA

東3局、村上が一気通貫・ドラ2の大物手でリーチを打つが、嵌[②]は山に0枚。

最終盤に親番の白鳥が形式テンパイを取りきり、2人テンパイで流局。

東3局 流局 ©ABEMA

続く東3局1本場は堀の仕掛けに白鳥が七対子で押していくが、お互いの当たり牌が山から消え流局。

東3局1本場 流局 ©ABEMA

東3局2本場、堀が[東][西]の後付けで両面チーから発進。先制テンパイが入る。

東3局2本場 堀の手牌 ©ABEMA

魚谷がリーチを打つが、ドラポンをしていた親番の白鳥が現物の[6]を抜き堀に放銃。

東3局2本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 白鳥の手牌 ©ABEMA

堀1300のアガリ。

東3局2本場 堀 西 1300 ©ABEMA

東4局は親番の村上が[4][7]待ちのリーチを打つと、一発で[4]をツモ。

東4局 村上 リーチ・一発・ツモ・タンヤオ 4000オール ©ABEMA

リーチ超人の名に相応しい4000オールを決め、トップ目に立つ。

東4局1本場、白鳥は[発]をポンすれば[二][五]待ちのテンパイが入る牌姿。

しかし浮いているドラの[七]が仕掛けを入れていた魚谷に打ちづらく、堀から打たれた1枚目の[発]はスルー。

直後に[二]を引き、面前ならばとリーチを宣言する。

東4局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA

魚谷が[発]を一発で掴み放銃。白鳥技ありの5200が決まる。

東4局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 白鳥 リーチ・一発・發 5200 ©ABEMA

南1局、白鳥がピンズの一気通貫で仕掛けを入れ、かわしにかかる。

南1局 白鳥の手牌 ©ABEMA

これを受けて魚谷が両面チーから発進。ソウズのホンイツに向かう。

ダブ[南]をポンして高目跳満のテンパイを入れる。

南1局 魚谷の手牌 ©ABEMA

次巡に[発]をツモ、3000・6000のアガリが決まった。

南1局 魚谷 ダブ南・發・ホンイツ・赤1 3000・6000 ©ABEMA

南2局は堀が辺[七]でリーチ、村上も[白]を仕掛け[⑦][中]待ちの満貫テンパイを入れる。

南2局 堀の手牌 ©ABEMA
南2局 村上の手牌 ©ABEMA

イーシャンテンだった親番の魚谷が[七]を掴み放銃。

南2局 魚谷の手牌 ©ABEMA

裏が1枚乗り、堀5200の加点。

南2局 堀 リーチ・赤1・裏1 5200 ©ABEMA

南3局は親番の白鳥が畳みかける。

2巡目にドラ2の手でリーチを打つと、すぐに[3]をツモ。

4000オールのアガリで2着目の村上を突き放した。

南3局 白鳥 リーチ・ツモ・赤1・ドラ1 4000オール ©ABEMA

南3局1本場、魚谷が[六][九]待ちで先制リーチ。

今日はチームPVが行われているフェニックス。期待に応えるかの如く[六]を一発でツモ。

2000・4000のアガリで堀をかわして3着へ浮上し、オーラスを迎える。

南3局1本場 魚谷 リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ 2000・4000 ©ABEMA

オーラスは白鳥が41500点持ち、親番の村上が24900、魚谷が19600、堀が14000という並び。

白鳥が嵌[②]のチーから入ると、[白]の後付けと三色同順を見つつ[3][5]と外していく。

狙い通り三色同順のテンパイを入れると、そのまま1人でゴールテープを切り500・1000のアガリ。

オーラス 白鳥 三色同順・ドラ1 500・1000 ©ABEMA

レギュラーシーズン通算100戦目の登板となった白鳥。

堀とのライバル対決をトップラスで制し、今シーズン3勝目を奪取した。

第1試合トップの白鳥 ©ABEMA

第1試合結果
1位 白鳥(ABEMAS)+63.5
2位 村上(ドリブンズ)+3.9
3位 魚谷(フェニックス)▲20.9
4位 堀(サクラナイツ)▲46.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top