麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【11/22 Mリーグ2022-23 第2試合結果】勝又健志が正確無比な攻勢で6回のアガリを決めて完勝!連闘の佐々木寿人は悔しい4着に沈む!

【11/22 Mリーグ2022-23 第2試合結果】勝又健志が正確無比な攻勢で6回のアガリを決めて完勝!連闘の佐々木寿人は悔しい4着に沈む!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」30日目が11月22日(火)に開催された。

11月22日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:勝又健志

南:佐々木寿人

西:堀慎吾

北:黒沢咲

第2試合

東1局、親の勝又が4000オールでリード。

東1局 勝又 リーチ, ツモ, ピンフ, イーペーコー, ドラ×1

次局、黒沢が先制リーチも、堀の三色につかまり失点。

東1局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 堀 三色同順, 赤ドラ×2 3900 ©ABEMA

東2局、黒沢が親の寿人とのリーチ対決を制し、3000・6000のツモアガリでラス目から2着目に浮上。

東2局 黒沢 リーチ, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×2, 裏ドラ×1 ©ABEMA

東3局、東3局1本場と寿人が連続で放銃となり、厳しいラス目に。

東3局 寿人の手牌 ©ABEMA
東3局 堀 リーチ, 一発 3900 ©ABEMA
東3局1本場 ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

東4局、南1局と勝又が連続でアガって55400点持ちまで持ち点を伸ばす。

東4局 勝又 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ 1300・2600 ©ABEMA
南1局 タンヤオ, ドラ×2, 赤ドラ×2 4000オール ©ABEMA

南1局1本場、黒沢がピンフのみでアガって勝又の親を流すと、その後2局連続で寿人と黒沢のリーチ対決。

南2局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

しかし南2局1本場でアガったのはリーチをかけずにテンパイをキープしていた堀。

2軒リーチに役ナシのカン[7]で押してハイテイで500・1000のツモアガリを決めた。

南2局1本場 ツモ, ハイテイ 200・1000 ©ABEMA

ラス目で親を流された寿人は着順アップはかなり厳しい状況。

反対に堀、黒沢は親番で加点を目指すが、両者の親番をかわしたのはどちらも勝又。的確にアガって第2試合のトップを持ち帰った。

南3局 勝又 西 1300 ©ABEMA
南4局 勝又 發, 赤ドラ×1 ©ABEMA

勝又は全12局中6回のアガリを決めてリードを広げ続けた。第1試合の瑠美のマイナスを払拭する大きなトップを勝ち取った。

第2試合トップの魚谷 ©ABEMA

第2試合結果
1位 勝又(風林火山)+76.3
2位 堀(サクラナイツ)+4.3
3位 黒沢(雷電)▲19.6
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲61.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

第2試合各局詳細

11月22日トータル結果

雷電(本田1着・黒沢3着)+34.0
風林火山(瑠美4着・勝又1着)+26.0
サクラナイツ(岡田2着・堀2着)+15.4
麻雀格闘倶楽部(寿人3着・寿人4着)▲75.4

雷電、風林火山、サクラナイツはスコアを伸ばすことに成功、苦しい一日となった麻雀格闘倶楽部がやや大きなマイナスとなり3位に陥落となった。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月24日の対戦カード ©ABEMA
11月22日終了時点の個人スコア

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top