麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【11/25 Mリーグ2022-23 第1試合結果】松本吉弘がオーラスに瀬戸熊直樹を下し逆転勝利!ABEMASは再び500ポイントに迫り、トップ独走が続く!

【11/25 Mリーグ2022-23 第1試合結果】松本吉弘がオーラスに瀬戸熊直樹を下し逆転勝利!ABEMASは再び500ポイントに迫り、トップ独走が続く!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」32日目が11月25日(金)に開催された。

11月25日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:松本吉弘

南:茅森早香

西:瀬戸熊直樹

北:内川幸太郎

第1試合

東1局、親番の松本がピンフ・赤1の先制リーチ。

東1局 松本の手牌 ©ABEMA

そこに内川が切りこむ。

最高の[4]を引き入れ、跳満以上確定の大物手で追いかけリーチ。

東1局 内川の手牌 ©ABEMA

しかし直後に松本が[④]をツモ。

裏が1枚乗り、4000オールの加点で好スタートを切る。

東1局 松本 リーチ・ツモ・ピンフ・赤1・裏1 4000オール ©ABEMA

東1局1本場は内川が4巡目に七対子[西]単騎のリーチ。

瀬戸熊が17巡目にドラ3の手で追いつき、ツモ番のないリーチを打つも流局となった。

東1局1本場 流局 ©ABEMA

続く東2局2本場も流局。

瀬戸熊の先制リーチに親番の茅森が押し返していくが、互いの待ちを潰し合って決着は付かず。

東2局2本場 流局 ©ABEMA

東2局3本場、瀬戸熊が絶好の[③]を引き入れて[③][⑥]待ちの先制リーチ。

東2局3本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

宣言牌の[白]を内川がポン。

供託が4本になったことで押し返しを図るが、[⑤]が暗刻になり[③]で放銃。

東2局3本場 内川の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊2000のアガリで局が進む。

東2局3本場 瀬戸熊 リーチ・ピンフ ©ABEMA

東3局、親番の瀬戸熊が三暗刻のテンパイ。

四暗刻への変化を見てダマに受ける。

東3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

茅森が[白]を重ねて追いつくが、孤立していた[赤五]で放銃となる。

瀬戸熊9600のアガリ。松本をかわしてトップ目に立つ。

東3局 茅森の手牌 ©ABEMA
東3局 瀬戸熊 三暗刻・赤1 9600 ©ABEMA

東3局1本場は茅森が11巡目に[九][発]のシャンポン待ちでテンパイ。

[九]は場に2枚切れているが、[発]を狙ってリーチに踏み切る。

東3局1本場 茅森の手牌 ©ABEMA

しかしこの局も卓上の暴君・瀬戸熊が攻め立てる。

[④][⑦]待ちの追いかけリーチを敢行。

東3局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

制したのは瀬戸熊。

[⑦]をツモ、2600オールのアガリが決まった。

東3局1本場 瀬戸熊 リーチ・ツモ・ピンフ・赤1 2600オール ©ABEMA

東3局2本場は内川と松本がリーチでぶつかる。

東3局2本場 内川の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 松本の手牌 ©ABEMA

これを受けて瀬戸熊もタンヤオの仕掛けを入れ一度はテンパイを取るが、危険牌を引き撤退。

松本が[六]を引いて決着。

裏が1枚乗って1000・2000のアガリとなった。

東3局2本場 松本 リーチ・ツモ・裏1 1000・2000 ©ABEMA

東4局は茅森と瀬戸熊に高打点のテンパイが入るが、親番の内川が500オールをアガり連荘に成功。

東4局 茅森の手牌 ©ABEMA
東4局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東4局 内川 發 500オール ©ABEMA

流局を挟んで東4局2本場、茅森が[東]のポンから仕掛けチャンタのテンパイ。

東4局2本場 茅森の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊の[八]が掴まり、茅森3900のアガリで南入へ。

東4局2本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 茅森 東・チャンタ・ドラ1 3900 ©ABEMA

南1局、七対子でテンパイを入れていた瀬戸熊が[北]単騎から[9]単騎に待ちを変えリーチ。

南1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

茅森が[9]を掴んで放銃。

瀬戸熊3200のアガリでライバル目・松本の親番を落とし一歩リード。

南1局 茅森の手牌 ©ABEMA
南1局 瀬戸熊 リーチ・七対子 3200 ©ABEMA

南2局、松本が赤3の先制リーチを打ち、瀬戸熊が七対子、茅森がホンイツで押し返しも決着は付かず流局。

息の詰まるめくり合いを終え、内川以外の手牌が開けられる。

南2局 流局 ©ABEMA

続く南2局1本場は[白]暗刻の瀬戸熊が両面チーから発進。

400・700のアガリで局を進める。

南2局1本場 瀬戸熊 400・700 ©ABEMA

南3局は2着目の松本が嵌[6]でリーチを敢行。

南3局 松本の手牌 ©ABEMA

内川から[6]が打たれ、松本5200のアガリ。

瀬戸熊に迫りオーラスへ。

南3局 内川の手牌 ©ABEMA
南3局 松本 リーチ・ドラ1・裏1 5200

オーラス、瀬戸熊が45400点持ち、松本が41100、茅森が7500、親番の内川が6000という並び。

前局の放銃により内川はラス目に転落してしまい、上下が激しく分かれた点棒状況。

3段目に終盤に内川がドラ3の先制リーチ。

オーラス 内川の手牌 ©ABEMA

松本が[赤五]を引き入れ、[④][7]のシャンポン待ちで追いかける。

オーラス 松本の手牌 ©ABEMA

決着はつかず流局。

テンパイ料で内川と茅森の着順が入れ替わり、1本場へ。

オーラス 流局 ©ABEMA

続くオーラス1本場、松本が[発]をポンして辺[七]のテンパイ。

供託が出ているため、どこから出ても瀬戸熊を捲る。

オーラス1本場 松本の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊も嵌[4]の役無しテンパイを入れていたが、[⑨]を暗刻にして[赤5]を場に放つ。

この[赤5]を松本がポン、ドラ表示牌の[九]単騎に待ちを変える。

オーラス1本場 松本の手牌 ©ABEMA

次巡に瀬戸熊が[⑧]を引き、[⑦][⑧]待ちでリーチ。

オーラス1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

タンヤオで仕掛けていた茅森も3900のテンパイ。

オーラス1本場 茅森の手牌 ©ABEMA

激しい着順争いを制したのは、1番待ちが不利に思えた松本。

力を込めて[九]をツモ。500・1000のアガリで逆転トップを決めた。

オーラス1本場 松本 發・赤1 500・1000 ©ABEMA

このアガリによって500点差だった内川と茅森は同点3着という結果に。

直近は逆連帯が続いていた松本は喜びの表情を滲ませる。

ABEMASが更にスコアを伸ばし、2位の風林火山にダブルスコアの差を付けた。

第1試合トップの松本 ©ABEMA

第1試合結果
1位 松本(ABEMAS)+66.9
2位 瀬戸熊(雷電)+22.3
同点3位 瀬戸熊(雷電)▲44.6
同点3位 内川(サクラナイツ)▲44.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top