麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【1/3 Mリーグ2022-23 第2試合結果】高宮まりが積極果敢な追いかけリーチでリードを広げてチーム連勝!麻雀格闘倶楽部がABEMASをかわして遂に首位の座に立つ!

【1/3 Mリーグ2022-23 第2試合結果】高宮まりが積極果敢な追いかけリーチでリードを広げてチーム連勝!麻雀格闘倶楽部がABEMASをかわして遂に首位の座に立つ!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」50日目が1月3日(火)に開催された。

1月3日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:小林剛

南:渋川難波

西:白鳥翔

北:高宮まり

第2試合

東1局と東2局、高宮が3000・6000、8000と連続で高打点を決めてリード。

東1局 高宮 リーチ, ツモ, 東, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 000・6000 ©ABEMA
東2局 高宮 リーチ, 一発, イーペーコー, 赤ドラ×1 8000

東3局、白鳥がダブ東を仕掛けて12000のイーシャンテン。渋川からリーチを受けまっすぐに手を進めるが、8000の放銃となった。

東3局 白鳥の手牌 ©ABEMA
東3局 渋川 リーチ, ピンフ, タンヤオ, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA

東4局、白鳥が[白]を暗槓。[四]をチーして先制テンパイも、小林が追いつき、小林のアガリで南入。

東4局 白鳥の手牌 ©ABEMA
東4局 小林 發, ドラ×1 2600 ©ABEMA

南1局、配牌赤3の親の小林。白鳥のリーチを受けつつ、テンパイするも、渋川がかわした。

南1局 白鳥の手牌 ©ABEMA
南1局 小林の手牌 ©ABEMA
南1局 渋川 三色 1000 ©ABEMA

南2局、高宮と小林の2軒リーチに、粘りたい親の渋川が高宮に通りそうな[八]で小林に放銃し局が進む。

南2局 高宮の手牌 ©ABEMA
南2局 小林 リーチ 1300 ©ABEMA

南3局、ここまでアガリがなく放銃に回っている白鳥の親番。テンパイしてリーチを宣言するも、宣言牌で仕掛けた渋川のアガリとなりオーラスへ。

南3局 白鳥の手牌 ©ABEMA
南3局 渋川 南, ドラ×1 2000 ©ABEMA

南4局、2着を争う小林と渋川の差は1600点。小林は[①][④]待ちフリテンでピンフのテンパイ。ツモれば着順アップ。

南4局 小林の手牌 ©ABEMA

その後下家のタンヤオ仕掛けの渋川に、[三]が切れないと判断したか、[二]を切ってリーチとしたが、実際には渋川はイーシャンテンで、欲しかったのは[二]

南4局 小林の手牌 ©ABEMA
南4局 渋川の手牌 ©ABEMA

渋川これをチーしてテンパイ。すぐに300・500のアガリを決めて着順キープでゲームセット。

南4局 渋川 タンヤオ 300・500 ©ABEMA

伊達、高宮のトップで麻雀格闘俱楽部はトータルスコアでABEMASを逆転し首位に立った。

第2試合トップの高宮 ©ABEMA

第2試合結果
1位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+64.5
2位 渋川(サクラナイツ)+6.8
3位 小林(Pirates)▲18.4
4位 白鳥(ABEMAS)▲52.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月3日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(伊達1着・高宮1着)+122.0
サクラナイツ(岡田4着・渋川2着)▲38.3
Pirates(瑞原3着・小林3着)▲41.3
ABEMAS(日向2着・白鳥4着)▲42.4

麻雀格闘倶楽部が今期目覚ましい活躍を続ける伊達高宮の連勝で遂に首位に浮上した。しかし上位3チームはいずれも300ポイント前後。ポイント的にはお互いを意識するというよりも終盤戦に向けてポイントを純粋に伸ばしていく事を意識するだろう。ここからは下位3チームと上位5チームの思惑と攻防が鍵を握ってくる場面が増えてきそうだ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月5日の対戦カード ©ABEMA
1月3日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top