麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【12/1 Mリーグ2023-24 第1試合結果】執念の大明槓!鈴木優が戦闘民族らしい攻めの選択を続け、オーラスでは大明槓による打点上昇で条件を作り上げて逆転トップを獲得!2着は捲られて悔しさを滲ませた岡田紗佳!

【12/1 Mリーグ2023-24 第1試合結果】執念の大明槓!鈴木優が戦闘民族らしい攻めの選択を続け、オーラスでは大明槓による打点上昇で条件を作り上げて逆転トップを獲得!2着は捲られて悔しさを滲ませた岡田紗佳!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」44日目が12月1日(金)に開催された。

12月1日の対戦カード ©ABEMA
解説:村上淳 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木優

南:瀬戸熊直樹

西:岡田紗佳

北:瀬戸熊直樹

第1試合

東1局、醍醐が赤1の[⑥][⑨]待ちで先制リーチ。高目となるドラの[⑥]が山に4枚残っており、ほどなくしてツモ。さらに裏ドラが雀頭の[9]となり、3000・6000のアガリでMリーグ初トップに向けて好発進を切った。

東1局 醍醐 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

東2局は親の瀬戸熊がピンフの[②][⑤]待ちで先制リーチ。そこに[中]をポンしていた優が終盤に無筋の[⑦]をプッシュして[二][五]待ちのテンパイ。2人の当たり牌は[赤⑤][赤五]が山に1枚ずつという熱い展開となる。この局は瀬戸熊が[赤五]を掴み、優が3900のアガリをものにした。

東2局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東2局 優 中, 赤ドラ×2 3900 ©ABEMA

東3局は優がピンフドラ1のリーチを掛けて1300・2600のツモ。2局連続の加点で東1局の親被り分を回収し、醍醐を追う。

東3局 優 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

東4局、瀬戸熊がフリテン解消の[四]を引き戻して[3][6]待ちでリーチ。ダブ[東]をポンしていた親の醍醐は慎重な選択を見せ、安全牌を切りながらカン[5]待ちで追いつく。山には4対1と圧倒的に瀬戸熊有利の捲り合いだったが、ラス牌の[5]を瀬戸熊が掴んでしまい放銃。醍醐が2900を加点して連荘に成功する。

東4局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東4局 醍醐 ダブ東 2900 ©ABEMA

東4局1本場は優と岡田の2軒リーチになるも決着は付かず流局。南入となる。

東4局1本場 流局 ©ABEMA

続く南1局2本場は瀬戸熊が再び先制リーチを掛けるも、岡田がタンヤオで仕掛けて優から2000のアガリで裁く。

南1局2本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南1局2本場 優の手牌 ©ABEMA
南1局2本場 岡田 タンヤオ, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

南2局、ここまで勝負手が実らず苦しい展開を強いられていた瀬戸熊が親番を迎えると、ドラ1の[①][④]待ちで先制リーチ。優から激しい押し返しを受けるも、ここは[①]をツモって値千金のアガリ。裏も1枚乗って4000オールの加点に成功し、一気に返り咲いた。

南2局 優の手牌 ©ABEMA
南2局 瀬戸熊 リーチ, ツモ, ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南2局1本場は[中]をポンした醍醐が[一][四]待ちの先制テンパイ。そこに優も追いつくと、様々な選択がある中で[2][4]のシャンポン待ちで即リーチを選ぶ。これを受けて醍醐は撤退。終盤に優が[2]をツモ、2000・4000のアガリを決めた。

南2局1本場 醍醐の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 優 リーチ, ツモ, イーペーコー, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南3局は親の岡田に好配牌が入る。イーペーコー完成の[四]を引き入れてドラ[5][中]のシャンポン待ちでテンパイすると、ここは打点十分のためヤミテンを選択。瀬戸熊からリーチを受けるも、直後に[5]を手繰り寄せて6000オールのアガリを決めた。岡田がトップ目に急浮上。

南3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南3局 岡田 ツモ, イーペーコー, ドラ×3, 赤ドラ×1 6000オール ©ABEMA

南3局1本場、醍醐が再逆転に向けてドラ[発]単騎待ちで先制リーチ。これに赤2の優が押し返し、カン[七]待ちで追いかけリーチを敢行。山1対1の捲り合いは醍醐が[七]を掴んで決着、優が5200のアガリを決めてオーラスへ。

南3局1本場 醍醐の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 優 リーチ, 赤ドラ×2 5200 ©ABEMA

南4局は流局。瀬戸熊にドラ[西]をポンされ、岡田にもテンパイを入れられていしまい醍醐は絶体絶命かと思われたが、何とかテンパイを取り切って次局に望みを繋ぐ。

オーラス 流局 ©ABEMA

続くオーラス1本場、持ち点は岡田が39,900、優が30,300、醍醐が21,000、瀬戸熊が8,800という並び。

先制テンパイは岡田。ホンイツ気配の優を意識したタンヤオの仕掛けでカン[三]待ちに辿り着く。

オーラス1本場 岡田の手牌 ©ABEMA

[2]のポンからソウズのホンイツへ向かった優もテンパイ。[東][白]のシャンポン待ちだが、岡田から[白]を直撃しなければトップにはならないという条件。

オーラス1本場 優の手牌 ©ABEMA

醍醐が[北]を切ると、優は大明槓を選択。すると新ドラが[7]で1枚乗り、[白]でアガれば満貫という手に。

オーラス1本場 優の手牌 ©ABEMA

次巡に優が力を込めて手繰り寄せた牌は[白]。2000・4000のアガリが決まり、見事に逆転トップを勝ち取った。

オーラス1本場 優 白, ホンイツ, ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

戦闘民族らしい攻めの選択を続け、最後は執念の大明槓で逆転を果たした優。

Piratesとサクラナイツの順位が入れ替わり、Piratesが2位となった。

第1試合トップの優 ©ABEMA

第1試合結果
1位 優(Pirates)+58.6
2位 岡田(サクラナイツ)+17.8
3位 醍醐(フェニックス)▲23.1
4位 瀬戸熊(雷電)▲53.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top