麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【12/1 Mリーグ2023-24 第2試合結果】破竹の個人3連勝!堀慎吾が至極のメンホン七対子を仕上げてリードを築くと、最後は僅か500点差で逃げ切ってトップ獲得!2着は裏ドラ1枚に阻まれた茅森早香!

【12/1 Mリーグ2023-24 第2試合結果】破竹の個人3連勝!堀慎吾が至極のメンホン七対子を仕上げてリードを築くと、最後は僅か500点差で逃げ切ってトップ獲得!2着は裏ドラ1枚に阻まれた茅森早香!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」44日目が12月1日(金)に開催された。

12月1日の対戦カード ©ABEMA
解説:村上淳 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:堀慎吾

南:茅森早香

西:本田朋広

北:仲林圭

第2試合

東1局、本田が[東][⑧][②]と3つポンして[6][7]待ちのテンパイ。トイトイが付く高目の[6]をツモ、1300・2600のアガリで先陣を切った。

東1局 本田 東, トイトイ 1300・2600 ©ABEMA

東2局は仲林と親の茅森の空中戦。仲林は[発]のポンテンを取ってドラ2の[④][⑦]待ち、茅森はダブ[東]をポンから3つ仕掛けて[2][5]待ちに。この局は仲林に軍配が上がり、[④]をツモって1000・2000のアガリ。

東2局 茅森の手牌 ©ABEMA
東2局 仲林 發, ドラ×1, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

東3局、親の本田がタンヤオの[4][7]待ちで先制リーチ。終盤に堀もポンテンを取って追いつくが、本田の[4]ツモで決着。裏ドラを捲ると暗刻の[七]が乗り、6000オールの大きな一撃が決まった。

東3局 堀の手牌 ©ABEMA
東3局 本田 リーチ, ツモ, タンヤオ, 裏ドラ×3 6000オール ©ABEMA

東3局1本場、本田は赤3の好配牌を手にする。全て使い切ってカン[④]待ちでリーチを掛けると、そこにホンイツを仕上げた堀が[3][6]待ちで参戦。本田が高目の[6]を掴んで放銃、堀が8000の直撃に成功した。

東3局1本場 本田の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 發, 一気通貫, ホンイツ 8000 ©ABEMA

東4局は親の仲林と堀の2人テンパイで流局し、1本場へ。

東4局 流局 ©ABEMA

続く東4局1本場、仲林が[中]をポンして1500の[⑤][⑧]待ちでテンパイ。堀も[東][②][西]と3つポンして[⑤][2]待ちのトイトイでテンパイする。山5対3の捲り合いは仲林が[赤⑤]をツモって決着し、1000オールのアガリとなった。

東4局1本場 堀の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 仲林 中, 赤ドラ×1 1000オール ©ABEMA

東4局2本場は仲林がタンヤオピンフ赤2の[⑤][⑧]待ちでテンパイすると、ここはヤミテンを選ぶ。直後に堀が[②][⑤]でリーチを掛け、2人の捲り合いに突入。両者ともに当たり牌の[⑤]を今度は堀がツモ、1000・2000のアガリで仲林の大物手をかわした。

東4局2本場 仲林の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 堀 リーチ, ツモ, 裏ドラ×1 1000・2000  ©ABEMA

南1局は堀が[東]をポンして[六]単騎待ちのテンパイを入れるなか、茅森が[1][4]待ちでリーチを敢行。堀が[4]を掴むと、ツモ切りを選んで放銃となる。茅森が5200を加点して反撃の狼煙を上げる。

南1局 堀の手牌 ©ABEMA
南1局 茅森 リーチ, ドラ×1, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA

南2局、親番を迎えた茅森が僅か5巡で七対子をテンパイし、[発]待ちでリーチを敢行。これをかわしたい仲林はタンヤオで仕掛けていき、[5][8]待ちで追いつく。捲り合いは仲林が[発]をツモ切って決着し、茅森が4800のアガリを決めた。

南2局 仲林の手牌 ©ABEMA
南2局 茅森 リーチ, チートイツ 4800 ©ABEMA

南2局2本場も茅森が止まらない。ピンフの[1][4]待ちで先制リーチを掛けると、仲林の追いかけリーチを受けてなお高目の[1]をツモ。裏も1枚乗せ、4000オールのアガリが決まった。東場苦しかった茅森が3連続のアガリでトップ目に立つ。

南2局1本場 仲林の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 茅森 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 裏ドラ×1 4000オール ©ABEMA

続く南2局3本場は堀がメンホン七対子を仕上げ、[九]待ちのヤミテンを入れる。仲林がカン[四]の役無しテンパイからカン[二]に変わってリーチを打つと、直後に堀が[九]をツモ。3000・6000のアガリで茅森を捲ってトップ目を奪取した。

南2局2本場 仲林の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 堀 ツモ, チートイツ, ホンイツ 3000・6000 ©ABEMA

南3局はリーチを掛けた仲林の1人テンパイで流局し、勝負はオーラスへ。

南3局 流局 ©ABEMA

オーラス、持ち点は堀が33,000、茅森が28,000、本田が25,800、親の仲林が12,200という並び。

先制テンパイは仲林、タンヤオ赤1の[四][七]待ちでリーチを敢行する。タンヤオで仕掛けていた堀がリーチ宣言牌の[⑥]をチーして同じ[四][七]待ちに。[四]が山に4枚残っており決着必至かと思われたが、なんと[四]は姿を見せず王牌に4枚という珍事が起こって流局となった。

南4局1本場 流局 ©ABEMA

南4局2本場、持ち点は堀が34,500、茅森が26,500、本田が24,300、仲林が12,700という並びに変わる。

仲林が第1打に切った[中]を本田がポン。配牌の手材料ではトップは厳しいと判断し、2着浮上を目指していく。ほどなくしてカン[7]待ちでテンパイ。

南4局2本場 本田の手牌 ©ABEMA

終盤に仲林が[2][5]待ち、茅森が[5][8]待ちでリーチを敢行。3軒の捲り合いに突入する。

すぐに仲林が[8]を掴んで茅森のアガリ。開かれた手牌はリーチピンフドラ1で裏が1枚乗れば堀を捲るという条件だったが、裏は乗らず3900のアガリでゲームセットとなった。

南4局2本場 仲林の手牌 ©ABEMA
南4局2本場 茅森 リーチ, ピンフ, ドラ×1 3900 ©ABEMA

堀が逃げ切って個人3連勝。

至極の1局にはオーラス2本場の決着の裏ドラ乗らずの瞬間を挙げた。

第2試合トップの堀 ©ABEMA
堀のインタビューを聞く仲林 ©ABEMA

第2試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+54.5
2位 茅森(フェニックス)+14.0
3位 本田(雷電)▲15.7
4位 仲林(Pirates)▲52.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月1日トータル結果

サクラナイツ(岡田2着・堀1着)+72.3
Pirates(優1着・仲林4着)+5.8
フェニックス(醍醐3着・茅森2着)▲9.1
雷電(瀬戸熊4着・本田3着)▲69.0

サクラナイツが大きく加点に成功、トータルスコア300を超えて首位に躍り出た。ここのところ苦しい戦いが続く雷電が3桁マイナスに、下位3チームは苦しい時間帯が続いたがここから着実に立て直していきたい。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月4日の対戦カード ©ABEMA
12月1日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top