麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【12/15 Mリーグ2023-24 第2試合結果】ビタ止めからの跳満和了!瀬戸熊直樹が東3局に鋭い読みで放銃を回避しつつ門前ホンイツのアガリを決めると、オーラスに3軒リーチを捲り勝ってトップ獲得!2着は裏3の倍満をツモった醍醐大!

【12/15 Mリーグ2023-24 第2試合結果】ビタ止めからの跳満和了!瀬戸熊直樹が東3局に鋭い読みで放銃を回避しつつ門前ホンイツのアガリを決めると、オーラスに3軒リーチを捲り勝ってトップ獲得!2着は裏3の倍満をツモった醍醐大!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」52日目が12月15日(金)に開催された。

12月15日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:瀬戸熊直樹

南:醍醐大

西:滝沢和典

北:内川幸太郎

第2試合

東1局、親の瀬戸熊がタンヤオ赤1の[五][八][6]待ちで先制リーチ。そこに滝沢がタンヤオ一盃口のカン[③]で追いつくと、静かにドラ[9]を押しヤミテンに構える。滝沢は次巡に[五]を引くと、[二]をスライドさせて放銃回避。さらにドラ4の醍醐が[9][南]シャンポン待ちで追いかけリーチを敢行し、火花散らす激しい捲り合いに。滝沢が[③]をツモって500・1000のアガリで決着。打点以上に価値のある大きなアガリとなった。

東1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東1局 醍醐の手牌 ©ABEMA
東1局 滝沢 ツモ, タンヤオ 500・1000 ©ABEMA

東2局は内川が[⑤][⑧][発]待ちの先制リーチ。直後に滝沢が七対子ドラ2のテンパイを入れると、1枚切れの[中]待ちでヤミテンに構える。瀬戸熊が打った[中]を捉え、6400の加点に成功した。

東2局 内川の手牌 ©ABEMA
東2局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東2局 滝沢 チートイツ, ドラ×2 6400 ©ABEMA

東3局、醍醐がピンフドラ2の[五][八]待ちで先制リーチ。そこに瀬戸熊がマンズの門前ホンイツで追いつく。[五][西]のシャンポン待ちをヤミテンに構えると、[六]を引いて少考。醍醐の当たり牌である[八]を切れば[一][四][七]待ちテンパイになる形だったが、読みを入れて[二]を宣言牌に選び[四][七]待ちでリーチを敢行。見事[七]を引き寄せ、完璧な3000・6000のアガリが決まった。

東3局 醍醐の手牌 ©ABEMA
東3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東3局 瀬戸熊 リーチ, ツモ, 東, ホンイツ, 赤ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

東4局は瀬戸熊が[東][2]をポンしてホンイツに向かい、[白]単騎のテンパイに辿り着く。これを自力で手繰り寄せ、2000・4000の加点に成功した。滝沢を捲って瀬戸熊がトップ目に立ち南入。

東4局 瀬戸熊 東, 發, ホンイツ 2000・4000 ©ABEMA

南1局、醍醐がダブ南赤1の[④][⑦]待ちで先制リーチ。そこに滝沢がピンフ赤1の[③][⑥]待ちで追いかけリーチを敢行し、2人の激しい捲り合いに。醍醐が[④]をツモって決着すると、裏ドラが暗刻の[南]となり4000・8000のアガリが決まった。瀬戸熊が親被りし、醍醐がトップ目に浮上。

南1局 滝沢の手牌 ©ABEMA
南1局 醍醐 リーチ, ツモ, ダブ南, 赤ドラ×1, 裏ドラ×3 4000・8000 ©ABEMA

南2局は滝沢と瀬戸熊の2人テンパイ、南3局1本場は内川の1人テンパイで2局続けての流局。勝負はオーラスへ。

南2局 流局 ©ABEMA
南3局1本場 流局 ©ABEMA

オーラス2本場、醍醐と瀬戸熊がテンパイして決着付くかと思われたが、ドラ[西]ポンからピンズのホンイツに向かった親の内川が[⑦]単騎で追いつく。これを受けて醍醐と瀬戸熊は撤退を選び、内川の1人テンパイで3本場へ。

オーラス2本場 内川の手牌 ©ABEMA
オーラス2本場 流局 ©ABEMA

オーラス3本場、持ち点は醍醐が31,000、瀬戸熊が29,100、滝沢が21,900、内川が16,000という並び。供託2本。

先制テンパイは醍醐。[③][⑥][⑨]待ちで[⑨]だとタンヤオが付かない形だったが、[⑨]は既に3枚切られていたためヤミテンに構える。

オーラス 醍醐の手牌 ©ABEMA

そこに内川が赤1のカン[④]待ちでリーチを敢行。さらに同巡、瀬戸熊もドラ2のカン[⑧]で追いかけリーチ。醍醐もツモ切りリーチに踏み切り、3軒の捲り合いに発展する。

オーラス 内川の手牌 ©ABEMA
オーラス 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

内川が[⑧]を掴んで瀬戸熊のアガリ。最後は5200の加点で2着から再逆転のトップ浮上を果たし終局となった。

オーラス 瀬戸熊 リーチ, ドラ×2 5200 ©ABEMA

瀬戸熊が個人連勝となるトップ獲得。

東3局の跳満が決定打となった。

第2試合トップの瀬戸熊 ©ABEMA

第2試合結果
1位 瀬戸熊(雷電)+59.2
2位 醍醐(フェニックス)+10.0
3位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲18.1
4位 内川(サクラナイツ)▲51.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月15日トータル結果

雷電(黒沢2着・瀬戸熊1着)+63.9
麻雀格闘倶楽部(高宮1着・滝沢3着)+38.9
フェニックス(魚谷4着・醍醐2着)▲35.3
サクラナイツ(堀3着・内川4着)▲67.5

雷電が劇的展開を制してデイリートップ、大きく加点に成功した、年内でプラス圏復帰も十分見込めるだろう。

魚谷が今季初4着となったことで、4着なしの選手が居なくなったため4着回避率のタイトルは今後混戦となっていくだろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月18日の対戦カード ©ABEMA
12月15日終了時点の個人スコア

 

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top