麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/15 Mリーグ2023-24 第1試合結果】圧巻のスタートダッシュ!高宮まりが東1局の親番で6万点を超える圧倒的なリードを築き、そのまま逃げ切って個人連勝となるトップ獲得!2着は黒沢咲、東1局に箱下へ沈むもセレブ打法で劇的な大復活を遂げる!

【12/15 Mリーグ2023-24 第1試合結果】圧巻のスタートダッシュ!高宮まりが東1局の親番で6万点を超える圧倒的なリードを築き、そのまま逃げ切って個人連勝となるトップ獲得!2着は黒沢咲、東1局に箱下へ沈むもセレブ打法で劇的な大復活を遂げる!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」52日目が12月15日(金)に開催された。

12月15日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:高宮まり

南:堀慎吾

西:黒沢咲

北:魚谷侑未

第1試合

東1局、親の高宮の手が真っ直ぐ述べていき、ピンフドラ2の[1][4]待ちで先制リーチ。これを受けて安全牌に窮した黒沢が[3]3枚見えを頼りに[1]の対子落としを選択し、痛恨の一発放銃。さらに裏が1枚乗り、18000のカウンターが決まった。

東1局 黒沢の手牌 ©ABEMA
東1局 高宮 リーチ, 一発, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 18000 ©ABEMA

東1局1本場は魚谷と高宮の2人テンパイで流局。

東1局1本場 流局 ©ABEMA

続く東1局2本場、高宮が配牌を手に取ると、赤2の[四][西]シャンポン待ちで既にテンパイしているという驚愕の状況。ダブルリーチを敢行する。そこに堀もカン[3]待ちのヤミテンで追いつくが、直後に黒沢が[西]を掴んで放銃。高宮が12000の加点に成功し、1人突き抜けていく。一方黒沢は東1局から箱下に沈む苦しい展開に。

東1局2本場 堀の手牌 ©ABEMA
東1局2本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
東1局2本場 高宮 ダブルリーチ, 赤ドラ×2 12000 ©ABEMA

東1局3本場も高宮が止まらない。タンヤオドラ2の[五][七]シャンポン待ちでヤミテンを入れると、魚谷のリーチ宣言牌を仕留めて7700のアガリ。持ち点は6万を超えた。

東1局3本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
東1局3本場 高宮 タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×1 7700 ©ABEMA

東1局4本場は堀がタンヤオ赤1のカン[3]待ちで先制リーチ。高宮がイーシャンテンから[3]をプッシュして放銃となる。裏ドラが2枚乗り、8000の直撃が決まった。

東1局4本場 高宮の手牌 ©ABEMA
東1局4本場 堀 リーチ, タンヤオ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×2 8000 ©ABEMA

東2局、黒沢が2度受けの[③][白]を全てスルーして門前ホンイツへと向かう。その間にタンヤオで仕掛けた親の堀が[2][5]待ち、[中]をポンした高宮が[⑥][⑨]待ちでそれぞれテンパイ。黒沢も[白]を引いて念願の門前テンパイを入れると、[④][⑤][赤⑤][⑥][⑦][⑨]から迷わず[⑤]を切って一気通貫のカン[⑧]待ちのヤミテンに受ける。ほどなくして堀が[⑧]を掴み、ツモ切って放銃。黒沢がセレブらしさ溢れる12000のアガリを決めた。

東2局 黒沢の手牌 ©ABEMA
東2局 高宮の手牌 ©ABEMA
東2局 堀の手牌 ©ABEMA
東2局 黒沢 白, 一気通貫, ホンイツ, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

東3局は堀がピンフをヤミテンに構えて魚谷から1000のアガリ。

東3局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東3局 堀 ピンフ 1000 ©ABEMA

東4局、高宮がチャンタでアグレッシブに仕掛け、ドラポン含む3副露を敢行。そこに親の魚谷が[五][九]シャンポン待ちから[三][六][九]の三面張に待ちを変えてリーチ。リーチ後に[発]を暗カンした上で、[三]を自力で手繰り寄せる。4000オールのアガリを決め、堀をかわして2着目に浮上した。

東4局 高宮の手牌 ©ABEMA
東4局 魚谷 リーチ, ツモ, 發, 裏ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東4局1本場は黒沢と魚谷が終盤にリーチを掛けるも2人テンパイで流局。

東4局1本場 流局 ©ABEMA

続く東4局2本場、黒沢が[赤5][6]を外してピンズのホンイツへ。これを魚谷がタンヤオで仕掛け、[二][五]待ちのテンパイに辿り着く。黒沢はドラ[③]をチーして[西][中]のシャンポン待ちに。2人の捲り合いは黒沢が[二]を掴んで決着し、魚谷が2900の加点に成功した。

東4局2本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 魚谷 タンヤオ, 赤ドラ×1 2900 ©ABEMA

東4局3本場は[中]をポンした堀が魚谷から1000のアガリ。長かった東場に終止符を打ち、南入となる。

東4局3本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
東4局3本場 堀 中 1000 ©ABEMA

南1局は黒沢、堀、高宮の3人テンパイで流局し、1本場へ。

南1局 流局 ©ABEMA

続く南1局1本場、堀が七対子赤1のテンパイを入れると、[八]を引いて二盃口に。そにままヤミテンを続行し、魚谷から打たれた[八]を仕留めて8000の直撃を決めた。堀と魚谷の着順が入れ替わる。

南1局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 堀 リャンペーコー, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

南2局、高宮が[⑤]をポンしてタンヤオ赤1のカン[5]待ちでテンパイ。そこに魚谷が[二][五][八]待ちのリーチを敢行する。これを受けて親の堀がチーして動き出し、[5]を切って高宮に放銃。2000のアガリで局が進む。

南2局 魚谷の手牌 ©ABEMA
南2局 堀の手牌 ©ABEMA
南2局 高宮 タンヤオ, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

南3局、親番の黒沢が絶好のドラ[⑦]を引き、ピンフドラ2の[2][5][8]待ちでリーチ。一発で[赤5]を手繰り寄せ、6000オールのアガリを決めた。黒沢は魚谷を捲って3着目に浮上、2着の堀のすぐ背後まで迫った。

南3局 黒沢 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×2 6000オール ©ABEMA

南3局1本場、堀が[⑥]の両面チーから[南]の後付けで発進。ピンズのホンイツに見せつつ、[三][六]待ちのテンパイを入れる。そこに高宮が[3][中]待ちのホンイツテンパイで追いつく。仕掛けに囲まれた黒沢が[六]を打ち抜き、堀が3900のアガリを決めた。再び黒沢が4着目に転落してオーラスへ。

南3局1本場 高宮の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 堀 南, ドラ×1, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

オーラス、持ち点は高宮が49,000、堀が23,600、魚谷が14,700、黒沢が12,700という並び。

跳満のアガリで2着浮上を目指す黒沢が、僅か4巡でタンヤオ赤1高目一盃口の[5][8]待ちでテンパイ。高々とリーチを宣言する。

オーラス 黒沢の手牌 ©ABEMA

イーシャンテンになった高宮が当たってもいいよと自己都合で[5]を打ち放銃。

オーラス 高宮の手牌 ©ABEMA

裏を捲ると暗刻の[2]が乗り、12000の衝撃的なアガリが決まった。

最後は黒沢が劇的な2着浮上を果たし、高宮が悠々のトップでゲームセット。

オーラス 黒沢 リーチ, タンヤオ, イーペーコー, 赤ドラ×1, 裏ドラ×3 12000 ©ABEMA

高宮は今季2勝目。個人連勝となった。

第1試合トップの高宮 ©ABEMA

第1試合結果
1位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+57.0
2位 黒沢(雷電)+4.7
3位 堀(サクラナイツ)▲16.4
4位 魚谷(フェニックス)▲45.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top