麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【12/18 Mリーグ2023-24 第2試合結果】連闘連勝で今季3勝目!高打点を次々と決めた内川幸太郎がロングゲームを制す!2着は親番4000オールを2回アガるが惜しくも届かなかった猿川真寿!

【12/18 Mリーグ2023-24 第2試合結果】連闘連勝で今季3勝目!高打点を次々と決めた内川幸太郎がロングゲームを制す!2着は親番4000オールを2回アガるが惜しくも届かなかった猿川真寿!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」53日目が12月18日(月)に開催された。

12月18日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

12月18日第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:白鳥翔

南:猿川真寿

西:仲林圭

北:内川幸太郎

第2試合

東1局は親の白鳥がチートイツの[九]単騎待ちで先制リーチ。安全牌が無くなった猿川から出て、白鳥の4800のアガリで開局する。

東1局 白鳥 リーチ, チートイツ 4800 ©ABEMA

東1局1本場も親の白鳥がカン[③]待ちで先制リーチ。回っていた猿川が一向聴を維持して放銃。白鳥の3900のアガリで連荘に成功。

東1局1本場 白鳥 リーチ, ドラ×1 3900 ©ABEMA

東1局2本場も親の白鳥が[4][7]待ちで先制リーチ。そこに宣言牌のドラの[白]を猿川がポンして押し返す。そして猿川も追いついて[四][七]待ちでテンパイ。しかしこの局は流局で白鳥、猿川の2人テンパイ。

東1局2本場 流局 ©ABEMA

東1局3本場は猿川が場に5枚見えの[6][9]待ちで先制テンパイ。ダマテンに構えて仲林からすぐに出る。1000のアガリで持ち点を回復することに成功。

東1局3本場 猿川 ピンフ 1000 ©ABEMA

東2局は仲林がチートイツの[一]単騎待ちで先制リーチ。そこに内川が仲林の現物の[2][5]待ちでマンガンのダマテンに構える。さらに白鳥も役なしのカン[七]待ちをダマテンで押す。さらに親の猿川もペン[三]で追いつく。この半荘を占うような4人のめくり合いは内川が制す。仲林から8000のアガリを決め、トップ目に詰め寄る。

東2局 仲林の手牌 ©ABEMA
東2局 白鳥の手牌 ©ABEMA
東2局 猿川の手牌 ©ABEMA
東2局 内川 ピンフ, イーペーコー, ドラ×1, 赤ドラ×2 8000 ©ABEMA

東3局は親の仲林がカン[二]待ちで先制リーチ。この局は一人旅になり、仲林の一人テンパイで流局。

東3局 流局 ©ABEMA

東3局1本場は仕掛けた白鳥が[③][⑥]待ちでテンパイ。猿川もテンパイするが余る[③]を白鳥が捉え、1000のアガリで局を回す。

東3局1本場 白鳥 發 1000 ©ABEMA

東4局は猿川が[3][6]待ちで役ありのマンガンのテンパイ。一時はダマテンに構えるが、[中]をカンしてそのままツモ切りリーチを敢行。ツモればハネマンの大物手だったが、実らず猿川の一人テンパイで流局。

東4局 流局 ©ABEMA

南1局はドラドラの親の白鳥が仕掛けてタンヤオへ向かう。そこに内川が[6][9]待ちで先制リーチ。高目の[6]をツモり、2000・4000のアガリで白鳥を逆転し、トップ目に立つ。

南1局 内川 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南2局は親の猿川が好配牌をもらう。[4][7]待ちで先制リーチをかけ、すぐに4000オールのアガリを決めトップ目を追いかける。

南2局 猿川 リーチ, ツモ, 發, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

南2局1本場も親の猿川が好配牌。仕掛けて[3][6]待ちのマンガンテンパイ。これもすぐにツモり、4000オールのアガリで一気に抜け出し、トップ目に立つ。

南2局1本場 猿川 タンヤオ, ドラ×2, 赤ドラ×2 4000オール ©ABEMA

南2局2本場は内川が役ありでドラ表示牌のペン[7]待ちでテンパイ。5200の打点でダマテンに構える。さらに白鳥もカン[7]待ちでリーチをかける。内川は手替わりをして[8][五]待ちに変化。この局は決着がつかず、白鳥、内川の2人テンパイで流局。

南2局2本場 流局 ©ABEMA

南3局3本場は仕掛けた内川がドラ3の手でカン[三]待ちの先制テンパイ。あっさりツモり、2000・4000のアガリで再び逆転し、トップ目に立つ。

南3局3本場 内川 白, ドラ×2, 赤ドラ×1 ©ABEMA

南4局、トップ目の内川が43100持ち、2着の猿川が38500持ちとトップ争いが熾烈な中、トップ目の内川が[①][②]シャンポン待ちで先制リーチ。さらに仲林も[五][八]待ちで追いついてリーチ。勝負はつかず、内川、仲林の2人テンパイで流局。

南4局 流局 ©ABEMA

南4局1本場は親の内川がチートイツの[南]待ちでテンパイ。ダマテンに構えると、すぐに白鳥から出て4800のアガリを決める。2着の猿川のマンガンツモ条件から逃れる大きなアガリとなった。

南4局1本場 内川 チートイツ, 赤ドラ×1 4800 ©ABEMA

南4局2本場、猿川が[南][白]のシャンポン待ちで先制リーチ。そこに親の内川がメンホンチートイツの[西]待ちでテンパイする。好形一向聴だった仲林から[西]が出て、内川の18000のアガリ。持ち点も70000を超え、王様タイムとなった。

南4局2本場 猿川の手牌 ©ABEMA
南4局2本場 内川 チートイツ, ホンイツ, ドラ×2 18000 ©ABEMA

南4局3本場は仲林が[3][6][9]待ちの先制リーチ。内川から一発で出て3900のアガリで終局。

南4局3本場 仲林 リーチ, 一発, ピンフ 3900 ©ABEMA

高打点を次々と決めた内川幸太郎が連闘連勝を達成!

第2試合トップの内川 ©ABEMA

第2試合結果
1位 内川(サクラナイツ)+85.5
2位 猿川(BEAST)+16.0
3位 白鳥(ABEMAS)▲25.8
4位 仲林(Pirates)▲75.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月18日トータル結果

サクラナイツ(内川1着・内川1着)+149.6
BEAST(菅原4着・猿川2着)▲40.7
ABEMAS(松本3着・白鳥3着)▲53.0
Pirates(瑞原2着・仲林4着)▲55.9

サクラナイツが内川のデイリーダブルで大きく加点、チーム順位も首位に浮上した。

個人スコアも内川が+ポイントに転じ、サクラナイツは全員プラスポイントとなり更なる上昇ムードと言えるだろう。

一方、Piratesは序盤好調だった仲林が苦しみ個人ポイントのプラスがあと僅かとなってしまった。今後の試合で逆襲していきたい所だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月19日の対戦カード ©ABEMA
12月18日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top