麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【1/5 Mリーグ2023-24 第1試合結果】復調の兆しが見える一日一跳!茅森早香が連続で12000をアガってトップを獲得!2着は計4回のアガリで常に攻め続けた園田賢!

【1/5 Mリーグ2023-24 第1試合結果】復調の兆しが見える一日一跳!茅森早香が連続で12000をアガってトップを獲得!2着は計4回のアガリで常に攻め続けた園田賢!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」60日目が1月5日(金)に開催された。

1月5日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:茅森早香

南:松ヶ瀬隆弥

西:園田賢

北:萩原聖人

第1試合

東1局は松ヶ瀬が[南]をポンしてピンズのホンイツへ向かう。そこに園田が[⑤][⑧]待ちで先制リーチ。萩原もリーチに一発目から押し返し、高目が二盃口の[一][四]待ちで追いかけリーチを敢行。しかし、すぐに園田がツモり1300・2600のアガリで良いスタート決めた。

東1局 萩原の手牌 ©ABEMA
東1局 園田 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ 1300・2600 ©ABEMA

東2局は茅森がカン[⑤]を仕掛けてタンヤオへ向かう。さらに親の松ヶ瀬もダブ[東]をポンしてチャンタも絡みそうな進行。さらに茅森、松ヶ瀬が仕掛けを入れて、茅森は[3][6]待ち、松ヶ瀬は[一]単騎待ちでテンパイ。さらに園田も役なしのカン[二]待ちでテンパイ。2枚切れもあってここはダマテンを選択。さらに萩原もピンフのみの[2][5][8]待ちでテンパイし、ダマテンを選択。茅森がすぐに[2]を掴み、萩原の1000のアガリで局が進む。

東2局 茅森の手牌 ©ABEMA
東2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東2局 園田の手牌 ©ABEMA
東2局 萩原 ピンフ 1000 ©ABEMA

東3局は親の園田がドラ表示牌のカン[③]待ちで先制リーチ。山には3枚あったが園田の一人テンパイで流局。

東3局 流局 ©ABEMA

東3局1本場も親の園田が[⑤][⑧]待ちで先制リーチ。最後のツモ番にツモり、4000オールのアガリで大きく抜け出した。

東3局1本場 園田 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東3局2本場、親の園田がオタ風の[西]をポンしてピンズのホンイツへ向かう。そこに萩原が[③][④][⑥]の変則3面張待ちで先制リーチをかける。さらに親の園田も[発]をポンしてカン[⑤]待ちで応戦。松ヶ瀬も追いつくが、宣言牌が萩原に捕まり、萩原の3900のアガリ。

東3局2本場 園田の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 萩原 リーチ, ピンフ, ドラ×1 3900 ©ABEMA

東4局は茅森がドラの[⑦]待ちでチートイツの先制リーチ。そこに親の萩原もドラのカン[⑦]待ちで追いかけリーチ。ドラのめくり合いは茅森に軍配があがる。3000・6000のアガリで2着目に浮上。

東4局 萩原の手牌 ©ABEMA
東4局 茅森 リーチ, ツモ, チートイツ, ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

南1局は園田が[八]をリャンメンチー発進でタンヤオへ向かう。そこに親の茅森が[三][六]待ちで先制リーチ。園田も追いつくが余った[三]が茅森に捕まる。裏裏も炸裂し、茅森がトップ目の園田から12000のアガリで逆転する。

南1局 園田の手牌 ©ABEMA
南1局 茅森 リーチ, ピンフ, イーペーコー, 裏ドラ×2 12000 ©ABEMA

南1局1本場は園田が[中]をポン。そこに親の茅森が[③][⑥]待ちで先制リーチ。すぐに園田も[3][6][9]待ちで追いついて押し返す。茅森の現物であったこともあり、萩原が[9]で園田に放銃。園田の2000のアガリでライバルの親を流すことに成功。

南1局1本場 茅森の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 園田 中, ドラ×1 2000 ©ABEMA

南2局は茅森が[⑥][中]のシャンポン待ちで先制テンパイ。トップ目なこともあり、ダマテンに構える。そこに園田が[6][9]待ちでリーチをかけるが、すぐに茅森がツモって決着。700・1300のアガリでライバルの園田のリーチを蹴ることに成功。

南2局 園田の手牌 ©ABEMA
南2局 茅森 ツモ, 中 700・1300 ©ABEMA

南3局は親の園田がドラの[中]をポン。そこに、萩原が高目が一気通貫の[一][四][七]待ちで先制リーチ。園田も押し返しを試みるが、[一]で捕まり、萩原の8000のアガリで2着争いが熾烈になる。

南3局 園田の手牌 ©ABEMA
南3局 萩原 リーチ, ピンフ, 一気通貫 8000 ©ABEMA

南4局、2着目の園田が25100持ち、3着目の萩原が21100持ちと2着争いが熾烈な展開となる。トップ目の茅森は降り気味の進行になる中、ラス目の松ヶ瀬がツモれば3着に浮上の[六][九]待ちで先制リーチ。園田もアガれば2着確保の[二][五]待ちで追いつく。めくり合いをすぐに園田がツモって終局。

南4局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南4局 園田 ツモ, タンヤオ 500・1000 ©ABEMA

12000を連続でアガった茅森がチームとして新年初試合にトップ!チームも10勝目に到達!

第1試合トップの茅森 ©ABEMA

第1試合結果
1位 茅森(フェニックス)+63.5
2位 園田(ドリブンズ)+8.1
3位 萩原(雷電)▲19.9
4位 松ヶ瀬(風林火山)▲51.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top