麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【2/2 Mリーグ2023-24 第2試合結果】南場からの大逆襲!猿川真寿が南1局から3連続の満貫和了で一気に突き抜け、第1試合の大介の仇を取るような快勝を掴み取る!2着は要所で捲り合いを制した本田朋広!

【2/2 Mリーグ2023-24 第2試合結果】南場からの大逆襲!猿川真寿が南1局から3連続の満貫和了で一気に突き抜け、第1試合の大介の仇を取るような快勝を掴み取る!2着は要所で捲り合いを制した本田朋広!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」76日目が2月2日(金)に開催された。

2月2日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:本田朋広

南:猿川真寿

西:鈴木たろう

北:多井隆晴

第2試合

東1局は3人テンパイで流局。嵐の前の静けさを感じさせるようなスタート。

東1局 流局 ©ABEMA

東1局1本場、多井が[白]をポンして早々に[④][⑦]待ちのテンパイ。マンズのホンイツに向かっていたたろうが門前で仕上がり、[一][二]のシャンポン待ちをヤミテンに構える。しかし猿川から[⑦]が打たれ、多井の2000のアガリとなった。

東1局1本場 たろうの手牌 ©ABEMA
東1局1本場 多井 白, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

東2局、多井がタンヤオドラ2のチーテンを取って[6]待ちに。そこに本田がドラ5という弩級の手でカン[②]待ちリーチをぶつける。多井が[②]を掴み放銃になるかと思われたが、持ち前の守備力を活かしてオリを選択。この局は本田の1人テンパイで流局となった。

東2局 多井の手牌 ©ABEMA
東2局 流局 ©ABEMA

東3局は多井が役無しのカン[八]待ちでテンパイすると、ここはリーチにいかない選択。[五]を引くと一盃口のカン[六]に待ちを変え、ヤミテンを続行する。そこに本田が[4][7]待ちでリーチ、さらに遠いタンヤオの仕掛けを入れていた猿川がドラ[八]を暗刻にして[3][4]

のシャンポン待ちでテンパイ。しかし本田と猿川の当たり牌は山に無く、多井が最後のツモ番で3山だった[六]をツモって1000・2000のアガリを決めた。

東3局 本田の手牌 ©ABEMA
東3局 猿川の手牌 ©ABEMA
東3局 多井 ツモ, イーペーコー, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

東4局は多井の親満貫ヤミテン、たろうの七対子リーチ、さらに本田の仕掛けがぶつかるも決着は付かず流局。

東4局 流局 ©ABEMA

続く東4局1本場、多井がドラ1のカン[⑦]待ちで先制リーチ。しかし[⑦]は既に山には無く、チャンスになった本田がタンヤオピンフ高目一盃口の[⑤][⑧]待ちで追いかけリーチを敢行。多井が一発で高目の[⑧]を掴み放銃、本田が8000の直撃を決めてトップ目に立った。

東4局1本場 多井の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 本田 リーチ, 一発, ピンフ, タンヤオ, イーペーコー 8000 ©ABEMA

南1局、ダブ[南]を暗刻にした猿川がカン[⑧]待ちで先制リーチ。これを自力で手繰り寄せ、2000・4000のアガリを決めた。

南1局 猿川 リーチ, ツモ, ダブ南 2000・4000 ©ABEMA

南2局、親番を迎えた猿川が僅か4巡でタンヤオ一盃口三色同順のカン[⑦]待ちでテンパイ、これをダマに構える。ここに[⑧]を引くと、少考の末[⑤][⑧][5][8]待ちでリーチを敢行。三色同順が崩れた分は[赤5]のツモでカバーし、4000オールの大きな一撃を決めた。本田を捲ってトップ目に浮上。

南2局 猿川の手牌 ©ABEMA
南2局 猿川 リーチ, ツモ, タンヤオ, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

さらに南2局1本場、猿川は6巡目に一気通貫ドラ2のペン[3]待ちでテンパイ。ヤミテンに構えた直後、たろうから[3]が打たれて12000の加点に成功した。

南2局1本場 たろうの手牌 ©ABEMA
南2局1本場 猿川 一気通貫, ドラ×1, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

南2局2本場は猿川が更なる加点を目指してリーチを打つも1人テンパイで流局。

南2局2本場 流局 ©ABEMA

続く南2局3本場、猿川の仕掛けと本田のリーチ、さらには多井の追いかけリーチが激突。猿川はタンヤオ赤1のカン[5]待ち、本田はドラ3一盃口の[1][4]待ち、多井は赤2の[⑤][9]待ち。

3者の捲り合いは多井が[1]を掴む形で決着し、本田が8000のアガリを決めて猿川の親番を落とした。

南2局3本場 猿川の手牌 ©ABEMA
南2局3本場 多井の手牌 ©ABEMA
南2局3本場 本田 リーチ, イーペーコー, ドラ×2 8000 ©ABEMA

手痛い放銃となった多井だったが、南3局に高目三色同順のリーチをツモって2000・4000のアガリ。親番のたろうはこの局も失点に回る苦しい結果に。

南3局 多井 リーチ, ツモ, ピンフ, 三色同順 2000・4000 ©ABEMA

オーラス、猿川が[中]をポンから仕掛けて[⑥][⑨]待ちのテンパイ。役無しのテンパイを入れていた本田が[⑨]を掴んで放銃となり、最後は1000のアガリで自らのトップを確定させた。

オーラス 本田の手牌 ©ABEMA
オーラス 猿川 中 1000 ©ABEMA

南1局から3連続の満貫和了で一気に突き抜け、第1試合の大介の仇を取るような快勝を決めた猿川。

新年からの快進撃に目が離せない。

第2試合トップの猿川 ©ABEMA

第2試合結果
1位 猿川(BEAST)+70.9
2位 本田(雷電)+16.1
3位 多井(ABEMAS)▲22.6
4位 たろう(ドリブンズ)▲64.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月2日トータル結果

ABEMAS(多井1着・多井3着)+48.0
BEAST(大介4着・猿川1着)+11.9
雷電(黒沢3着・本田2着)▲9.1
ドリブンズ(太2着・たろう4着)▲50.8

ABEMASが多井の連闘でポイントを伸ばしプラス圏まであとわずかとなった。

ドリブンズは一歩後退となったがまだまだ3桁ポイントあり、慌てることはまだないだろう。

BEAST、雷電は本日は持ちこたえたという印象、来週以降スコアを伸ばしていきたい。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
2月5日の対戦カード ©ABEMA
2月2日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top