麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【2/2 Mリーグ2023-24 第1試合結果】最速最強、抜群の安定感!多井隆晴が東1局に4000オールのアガリを決めると、危なげなくリードを広げて個人3勝目となるトップ獲得!ABEMASはプラス圏に再浮上を果たす!

【2/2 Mリーグ2023-24 第1試合結果】最速最強、抜群の安定感!多井隆晴が東1局に4000オールのアガリを決めると、危なげなくリードを広げて個人3勝目となるトップ獲得!ABEMASはプラス圏に再浮上を果たす!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」76日目が2月2日(金)に開催された。

2月2日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:多井隆晴

南:渡辺太

西:鈴木大介

北:黒沢咲

第1試合

東1局、親番の多井がピンフ一盃口ドラ1の[三][六]待ちで先制リーチ。大介が[三][六][6]の三面張で追いつき、ヤミテンに構える。大介は[3]を暗カンするも、終盤に無筋の[七]を引いてオリを選択。直後に多井がラス牌の[三]をツモ、4000オールのアガリで幕を開けた。

東1局 大介の手牌 ©ABEMA
東1局 多井 リーチ, ツモ, ピンフ, イーペーコー, ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東1局1本場は多井が[白]を仕掛けて大介から2900のアガリ。

東1局1本場 大介の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 多井 白, ドラ×1 2900 ©ABEMA

東1局2本場、大介が[④][⑦]待ちでテンパイすると最高形のタンヤオピンフ三色同順ドラを見据えてダマを選ぶ。イーシャンテンの黒沢からドラの[⑦]がツモ切られ、2600のアガリ。

東1局2本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
東1局2本場 大介 タンヤオ, ドラ×1 2600 ©ABEMA

東2局は多井の1人テンパイ、東3局1本場は黒沢の1人テンパイで流局。

東2局 流局 ©ABEMA
東3局1本場 流局 ©ABEMA

続く東4局2本場、多井がドラの[白]をポンして[④][⑦]待ちのテンパイ。タンヤオで仕掛けてた大介にも[5][8]待ちのテンパイが入る。そこに親番の黒沢が追いついてリーチを掛けるも、宣言牌として打ち出した[⑦]を多井に捉えられて放銃。多井が8000の加点に成功し、持ち点は5万を超えた。

東4局2本場 大介の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 多井 白, ドラ×3, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

南1局、黒沢が2枚目のオタ風[東]をポンしてマンズのホンイツに向かう。珍しい仕掛けを受けて各者対応を迫られるなか、[白][発]のシャンポン待ちでテンパイ。ピンズに染めていった太から[白]が打たれ、3900のアガリとなった。

南1局 太の手牌 ©ABEMA
南1局 黒沢 白, ホンイツ 3900 ©ABEMA

南2局は大介がピンフ赤1の[一][四]待ちで先制リーチ。タンヤオで仕掛けていた太も追いつき、高目親満貫の[5][8]待ちに。捲り合いは太が高目となる[8]を手繰り寄せ、4000オールのアガリで制した。一気に2着目へと浮上する。

南2局 大介の手牌 ©ABEMA
南2局 太 タンヤオ, ドラ×2, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

南2局1本場、大介がドラ表示牌のカン[⑤]をチーして三暗刻後付けのテンパイ。そこに黒沢がペン[③]待ちのリーチをぶつける。この[③]を大介が一発で掴み、そのままツモ切って放銃。裏も1枚乗って5200のアガリとなった。

南2局1本場 大介の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 黒沢 リーチ, 一発, 裏ドラ×1 5200 ©ABEMA

南3局、多井が[発]をポンして僅か4巡で[2][5]待ちのテンパイ。早い決着になるかと思われた矢先、太がドラ2のカン[⑤]待ちでリーチを敢行。さらに親の大介もタンヤオで仕掛けて[六]とドラ[⑥]のシャンポン待ちでテンパイを入れる。これを受けてトップ目の多井は撤退し、太と大介の対決に。結果は大介が[⑤]を掴んで放銃、太が8000のアガリを決めた。太は多井への挑戦権を獲得しオーラスへ。

南3局 大介の手牌 ©ABEMA
南3局 太 リーチ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA

オーラスは親の黒沢と大介がリーチを掛けるも2人テンパイで流局。

オーラス 流局 ©ABEMA

続くオーラス1本場、持ち点は多井が46,300、太が34,600、黒沢が16,100、大介が1000という並び。供託2本。

先制テンパイは多井。[白][1]をポンしてカン[4]待ちに。

オーラス1本場 多井の手牌 ©ABEMA

そこに太がカン[④]待ちでリーチを敢行。役無しドラ無しの手だが、偶発役とリーチ後の暗カンに賭けて踏み切った。

オーラス1本場 太の手牌 ©ABEMA

太のリーチを受けて一度はオリを選んだ多井だったが、[1][4]待ちでうまく復活。直後にテンパイを目指す黒沢が[4]を選び、最後は多井が1000のアガリを決めてゲームセットとなった。

オーラス1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 多井 白 1000 ©ABEMA

多井が抜群の安定感で個人3勝目となるトップ獲得。

インタビューでは連闘を宣言し、ファンを沸かせた。

第1試合トップの多井 ©ABEMA

第1試合結果
1位 多井(ABEMAS)+70.6
2位 太(ドリブンズ)+13.6
3位 黒沢(雷電)▲25.2
4位 大介(BEAST)▲59.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top