麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社

【Mリーグ】ファンの目の前でまさかの契約更改!!4月12日セガサミーフェニックスファンミーティングに潜入!!

CABO求人全自動麻雀卓スリム

最初のコーナー!2018シーズン終了報告!

まずは2018年のシーズン終了報告。チームとしては残念ながら悔しい6位という結果になりました。しかし茅森選手が「平均打点王」のタイトルを獲得。会場は大きな拍手に包まれました。

2つめのコーナー!Mリーグ対局3選手の生解説!

続いてはMリーグの対局の選りすぐりの場面の本人解説のコーナー。

魚谷選手のリーチに受け切っての見事なアガり、近藤選手の亜樹選手からアガった混老頭・七対子、茅森選手の2軒リーチを受けながらのダブ南・トイトイの満貫ツモについてそれぞれ語られました。

近藤選手は名言続出。大きく打ち大きく勝つ麻雀の極意が存分に語られました!

3つめのコーナー!!茅森早香presentsクイズ大会!

続いては茅森選手プレゼンツのクイズ大会!各選手からそれぞれ2問ずつそれぞれのクイズが出題されました!

なんと正解者には特製フォトブックがプレゼント!難問続きで正解することはできず、フォトブックを手に入れることはできませんでした・・・

誠一プロの出身の学部を当てるクイズがありましたが、その時に誠一プロが明かした一言が面白かったですね。

近藤プロ「大学で一番学んだことは麻雀です。一番麻雀を学んだ年は、年に5日くらいしか大学に行きませんでした。それでも5年で卒業することはできましたが。」

・・・その頃の鍛錬の積み重ねが今に活きているのかもしれませんね!

なかなか答えが出なかった一番の難問は魚谷選手の1問目の「小学校1,2年生の頃の夢」

色々とみんなが現実的な職業を挙げていると、しびれを切らした魚谷プロが「そういうのじゃない」と。そこから紆余曲折ありつつ・・・

最終的な答えは「勇者」ふむ。ドラクエに憧れたというわけですね(笑)

4つ目のコーナー!!選手&監督への質問コーナー!

4つ目は質問コーナー。チームに関する細かい質問もありました。興味深い答えが聞けたのは下記質問。

魚谷プロ「とにかく精神が乱れないように打つことです。あからさまな上がり逃しとかをしても慌てずに平常心で。反省は終わってから。って言い聞かせて集中するように努めています。」

近藤プロ「ちょっと似てます。一言で言うと、無。何も考えないように。麻雀は理論的な事は大切だけど、理論に沿って打ってる時の私はあまり強くない。それを切り離して感じたままに打った時の方が結果がいい。その二つは両立できない。極力理論を切り離して真っ白に。その状態になれた時に私は力が発揮できるので。」

茅森プロ「二人とも似ているかもしれませんが、私はサインにいつも 『冷静に打つ』 とかいてます。常にニュートラルな気持ちでその一局に向き合うことを考えています。また、牌をこぼさないことを意識してます。私は小指が短いので他の人より牌をこぼしやすい。ですので小指が当たらないように気をつけてます。」

この時、まつかよさんが近藤プロのMリーグ2018年11月2日の四暗刻単騎聴牌時のリーチ宣言について触れ、そのお話も聞けました。

11月2日の近藤プロの四暗刻単騎リーチ。8pが園田選手への放銃となったが、このリーチ宣言の真意は? ©AbemaTV

放銃時の近藤プロの表情 ©AbemaTV

近藤プロ最初の聴牌の三暗刻はいい待ちだと思っていた、もしかしたらなるかも?と思っていた驚きの四暗刻単騎変化でした。園田選手のリーチがきて、正直カンでのアガりはいらないので四暗刻単騎確定の単騎に受けました。そして、次巡のツモで、危険度は高いが、さすがにの方があがりやすいと判断。も通る保証はない。なので待ちにしました。あのリーチ宣言は、打点上昇がないので通常は必要がないリーチなのですが、少なくともを直前に外したことで待ちが読み筋から外れやすいのでリーチをしてもあがり率はそれほど落ちない。むしろ2軒リーチにすることで、両脇にしっかりオリてもらう方が成就しやすいと考えました。それと、役満確定の手でリーチするの?という印象を他のMリーガーに植え付けたかったのも理由の一つですね。」

まさに「近藤ブランド」を植え付けることで今後戦いやすくする という意味も込められたリーチでもあった、という事ですね!

最後の㊙コーナー!公開契約更改!!

さて、ここまでのイベントが終わったところで・・・まさかの緊急告知。

なんと緊急公開契約更改!(ダジャレ?)

ファンの皆様からも「これを待ってた!」という声も聴かれました。

4/12に開催された当イベントですが、まだ他チームではされていないことなのでいち早くファンの皆様に安心を届けたと言えるでしょう。

休憩時間に茅森プロとの一枚。なんとか全選手のサインをタオルの裏に集めることができました。

今後もこのようなイベントが行われることを楽しみにしております!

セガサミーフェニックス公式ホームページ

セガサミーフェニックス公式Twitter

セガサミーフェニックスインタビュー

この記事のライター

まろちょふ
全国津々浦々に蔓延る魑魅魍魎として存在する。
アマチュアも参加可能の競技麻雀大会にふらふらと参加している。
ラーメンと肉が大好きなダイエッター。
本名は珍しい苗字なので比較的覚えられやすい。
Twitter(@maroonzoltic1)

新着記事

Return Top