麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
逢川恵夢が200ポイント越えのロケットスタート!/ 麻雀ウォッチ プリンセスリーグ 2019 予選第1節Bブロック2卓

逢川恵夢が200ポイント越えのロケットスタート!/ 麻雀ウォッチ プリンセスリーグ 2019 予選第1節Bブロック2卓

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 麻雀スリアロチャンネルの本格女流リーグ戦「麻雀ウォッチ プリンセスリーグ 2019」予選第1節Bブロック2卓が5月17日に開催された。

▼放送URL
麻雀ウォッチ プリンセスリーグ 2019 予選第1節Bブロック2卓

 

【対局者】
逢川恵夢(日本プロ麻雀協会)
蔵美里(日本プロ麻雀協会)

佐月麻理子(日本プロ麻雀協会)
冨本智美(日本プロ麻雀協会)

1回戦はまず東1局に逢川、佐月、冨本の3軒リーチ。逢川が佐月からリーチ・赤1・裏2の8000のアガりで幸先の良いスタートを切ると一気に独壇場に。東4局の親番で怒涛の連荘を重ね南入時点で86500点持ちに。最終的に97900点持ちの大トップとなった。

役満なしで10万点近くまで素点を稼いだ逢川 ©AbemaTV

2回戦と3回戦も堅実に3万点近く持った2着をとなった逢川は4回戦目も開局ダッシュに成功。東1局、東2局で連続して2000・4000をアガりリード。南3局の親番でも4000オール、1000オール、4000オールと怒涛のツモあがりを披露。73800点の大トップを決めてなんとトータル212.7ポイント。大きな開幕ダッシュを決めた。

冨本、蔵、佐月は大きな台風に巻き込まれ厳しい1日となった。

+212.7ポイントと大きなリードを得た逢川は「反省材料はありましたが、配牌に恵まれたことや待ち選択がうまくいって良かったです。むしろ対局前に言っていた裸単騎になるまで鳴くことは手がよすぎてできませんでした。第二節以降も守りに入らずしっかり打ちます。」と今後に向けて語った。

次回は5月24日の17時からCブロック第1節1卓が開催される。対局メンバーは愛内よしえ、三添りん、石井あや、白田みおとなる。

関連リンク

 

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top