麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
瀬戸熊がトップで準決勝に近づく 白鳥もトップでトータル200ポイント超に/RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 35/36回戦

瀬戸熊がトップで準決勝に近づく 白鳥もトップでトータル200ポイント超に/RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 35/36回戦

CABO求人ニルウッドカバー

 RTDリーグ2018のBLACK DIVISION35・36回戦が5月31日に放送され、35回戦は5位の瀬戸熊が3連ラスを払拭する大きなトップ。36回戦は白鳥翔がトップでトータルポイントを200オーバーとした。

 35回戦は4位の萩原、5位の瀬戸熊、7位の松本、8位の村上の対戦。下位に沈んでいた松本と村上がリードする展開となっていたが、ここ3戦連続ラスと苦しんでいた瀬戸熊が東3局の親番で奮起。連荘を重ねトップ目に立つと、東3局6本場で村上のリーチに追い掛けリーチ。リーチ・ツモ・タンヤオ・平和・三色・ドラ2・裏ドラのあがりで8000は8600オール。一気にトップに浮上した。その後萩原が連対を確保し、松本、村上はさらにポイントを減らす半荘となってしまった。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 35回戦
順位 選手名 ポイント
1 瀬戸熊直樹 79.1
2 萩原聖人 ▲4.3
3 松本吉弘 ▲25.4
4 村上淳 ▲49.4

  36回戦は1位の小林、2位の白鳥、3位の多井、6位の内川の対戦。多井と白鳥がリードし、トップを争う展開だったが、東4局に多井が先制の平和・ドラ2が確定の高め一盃口のリーチに対して白鳥がタンヤオ・平和・ドラ1高め三色の追いかけリーチ。なんと多井が一発で高めを掴み痛恨の倍満放銃に。その後も放銃が続き、親番で4000オールをあがるなど挽回したが、小林が2着を確保。多井は厳しいラスとなりトータルポイントをほぼ原点に戻した。白鳥は大きなトップでトータルポイント200を越えた。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 36回戦
順位 選手名 ポイント
1 白鳥翔 75.4
2 小林剛 0.7
3 内川幸太郎 ▲24.8
4 多井隆晴 ▲51.3
RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION TOTAL 36/54
順位 選手名 ポイント
1 小林剛 468.7
2 白鳥翔 215.1
3 多井隆晴 3.7
4 萩原聖人 ▲14.2
5 瀬戸熊直樹 ▲20.3
6 内川幸太郎 ▲194.0
7 松本吉弘 ▲208.5
8 村上淳 ▲250.5

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top