麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
たろう、石橋が大きなトップ 残すは最終節の各3戦/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 47/48 回戦

たろう、石橋が大きなトップ 残すは最終節の各3戦/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 47/48 回戦

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

 RTDリーグ2018のWHITE DIVISION47・48回戦が7月2日に放送され、47回戦は鈴木たろうがトップ。48回戦は石橋伸洋がトップとなった。

 47回戦はトータル1位の鈴木たろうが大きなトップ、準決勝に向け大きなポイントを重ねた。鈴木達也は2着ながらもプラスとなりマイナスポイントを二桁として準決勝進出を狙う。7位の和久津は厳しい4着となり、トータル最下位へ。最終節の残り3戦が正念場となる。48回戦は石橋伸洋が勝又健志の猛追を抑え辛くもトップ。和久津との最下位争いから一歩抜け出し、上位進出も睨む。全員残り3戦となったところで、点差の幅も広がり各自の目指す目標もかなり絞られた。

RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 47回戦
順位 選手名 ポイント
1 鈴木たろう 75.7
2 鈴木達也 20.2
3 平賀聡彦 ▲32.5
4 和久津晶 ▲63.4
RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 48回戦
順位 選手名 ポイント
1 石橋伸洋 55.9
2 勝又健志 14.7
3 猿川真寿 ▲17.6
4 佐々木寿人 ▲53.0
RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION TOTAL 48/54
順位 選手名 ポイント
1 鈴木たろう 392.0
2 勝又健志 249.5
3 佐々木寿人 182.5
4 鈴木達也 ▲95.1
5 猿川真寿 ▲110.1
6 平賀聡彦 ▲151.9
7 石橋伸洋 ▲174.4
8 和久津晶 ▲292.5

上位4人は準決勝進出、7位は入れ替え戦、8位は自動降級となる。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top