麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
近代麻雀プレミアリーグ後期 8月6日(木)16時から生放送!

近代麻雀プレミアリーグ後期 8月6日(木)16時から生放送!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 近代麻雀編集部が厳選したプロ・著名人の麻雀強者8名によるリーグ戦「近代麻雀プレミアリーグ」。前期は魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)が制し、ファイナルへの切符を獲得した。

 そのわずか1週間後、明日8月6日(木)16時からは、後期がスタートする。今回から完全生放送となり、原宿のAmebaFRESH!Studioにて開催されることとなった。

 後期のメンバーは藤田晋最強位、小林剛(麻将連合)、鈴木達也(日本プロ麻雀協会)、佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)という前期と同じメンバーに加え、村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)、鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)、和久津晶(日本プロ麻雀連盟)という8名。

bnr-kima-premia2

 実況・解説には前期に引き続き声優の竹内幸輔さんと梶本琢程、そして新たにお笑いタレント天津の向清太朗さんが加わった。

 後期はファイナル前週の12月3日まで行われる。 

〈8月6日の組み合わせ〉
1回戦(1節A卓)和久津晶 佐々木寿人 村上淳 滝沢和典
2回戦(1節B卓)小林剛 鈴木達也 鈴木たろう 藤田晋
3回戦(1節A卓)和久津晶 滝沢和典 小林剛 藤田晋
4回戦(1節B卓)佐々木寿人 村上淳 鈴木達也 鈴木たろう

※近代麻雀プレミアリーグとは
唯一の麻雀専門誌・近代麻雀の編集部が厳選したプロ・著名人の麻雀強者8名で長期の総当たりリーグ戦を行い、真の麻雀実力者を決める最もシビアなリーグ戦である。一人8半荘ずつ打って、上位4名を決定。上位4名で、ポイントをリセットして決勝戦(2回戦勝負)を行い優勝者を決める。
ルールは麻雀最強戦ルールにのっとり、25000点持ちの30000点返し、順位ウマが10・30。
優勝者にはプレミアリーグ優勝の称号と賞金、さらに12月12日に行われる「麻雀最強戦2015ファイナル」の出場権が与えられる。

〈出場メンバー〉
藤田晋、小林剛、鈴木達也、佐々木寿人、村上淳、鈴木たろう、滝沢和典、和久津晶

〈実況・解説〉
竹内幸輔・梶本琢程・向清太朗

〈放送スケジュール〉
8月6日(木)第1・2節
9月3日(木)第3・4節
10月1日(木)第5・6節
11月5日(木)第7・8節
12月3日(木)決勝2半荘

■リンク
麻雀最強戦公式サイト
麻雀最強戦チャンネル

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top