麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
親番の落ちた4着目からの華麗な逆転!前原雄大がファイナル進出一番乗り!/麻雀最強戦2022 ザ・レジェンド

親番の落ちた4着目からの華麗な逆転!前原雄大がファイナル進出一番乗り!/麻雀最強戦2022 ザ・レジェンド

BULL2021求人朝宮あろま

3月27日(日)竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2022」のファイナル進出枠1つを争う対局「ザ・レジェンド」が行われた。

今回は長年実績を積み重ねてきている選手達。レジェンド同士の戦いとなった。

配信ページ

対局者

【A卓】森山茂和(日本プロ麻雀連盟) 荒正義(日本プロ麻雀連盟) 伊藤優孝(日本プロ麻雀連盟) 沢崎誠(日本プロ麻雀連盟)
【B卓】灘麻太郎(日本プロ麻雀連盟) 前原雄大(日本プロ麻雀連盟) 井出洋介(麻将連合)新津潔(最高位戦日本プロ麻雀協会)

予選A卓からは沢崎誠、森山茂一、B卓からは前原雄大、井出洋介が決勝に進出。

A卓南3局 森山の3000・6000 ©ABEMA

A卓は沢崎が圧倒的リードで進行、2番手が誰になるか?という争いだったが、南3局に門前チンイツの聴牌を入れた森山が3000・6000のアガリで抜け出し決勝進出となった。

B卓は前原がリードして進行。東4局には新津も2000・4000を決めて2人が抜け出す展開となった。ビハインドとなった井出は普段のスタイルを脱却して積極的にリーチに出て南場で連続でアガリを決めて新津に詰め寄った。

B卓南4局 井出の1300・2600 ©ABEMA

オーラス、2着目の新津と4000点差まで詰め寄った井出がタンヤオ、平和のリーチをツモって逆転での決勝進出を決めた。

決勝戦は沢崎と井出がリードする展開で東場は進んだ。前原は南1局の親番を4着目で迎えたが、この親番は聴牌を入れられずに手放すこととなってしまった。

南2局2本場 前原の3000・6000 ©ABEMA

南2局2本場、前原が嵌[⑤]のドラドラ聴牌を取らずとした後、[⑤]を引いてのフリテン[①][④][⑦]リーチ。[⑦]ツモで3000・6000としてトップ目沢崎と600点差まで迫った。

南3局 前原の2000・4000 ©ABEMA

南3局、前局は嵌張を外していったが、今回はペン[⑦]待ちをリーチ。先程ツモった[⑦]を再び手中に収めて裏1の2000・4000。大きく抜け出してオーラスを迎えた。

最終局は沢崎、井出にもチャンス手が入ったが前原がアガリきって決着。南場を制圧した前原が優勝となった。

「親番落ちた後もあきらめずにやれたことが最後に結びついたと思います。麻雀の内容はともかく、森山会長がいらっしゃったからここまで麻雀プロをやってこれたと思っていて、ここで恩返しができたかなと思っています。ファイナルで優勝することが本当の恩返しかなと思うので、まだこの先も頑張ります。ご視聴してくださった皆様ありがとうございました!」と勝利の喜びと感謝を語った。

4月9日 女流最強スター決戦出場選手 ©ABEMA

次回は4月9日(土)Mリーガー8名の熾烈な戦い、女流最強スター決戦が開催される。

関連URL

麻雀最強戦HP

劇的な倍満ツモ条件を満たしての奇跡の逆転!瀬戸熊直樹が最強位戴冠!/麻雀最強戦2021 FINAL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top