麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
瀬戸熊直樹が執念の跳満ツモで逆転!魂の連覇達成!/麻雀最強戦2022 Final

瀬戸熊直樹が執念の跳満ツモで逆転!魂の連覇達成!/麻雀最強戦2022 Final

BULL2021求人ニルウッドカバー

12月10日、11(土、日)竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2022」のファイナルが行われた。

1st配信ページ

2nd配信ページ

1st対局者

【A卓】杉浦まゆ 大塚翼 ももたん 鈴木大介
【B卓】前原雄大 内田みこ 岡崎涼太 瀬戸熊直樹
【C卓】菅原千瑛 友添敏之 石川遼 片山まさゆき
【D卓】岡田紗佳 丸山奏子 黒沢咲 渋川難波

<司会>小山剛志 矢野優花
<実況>日吉辰哉 古橋崇志
<解説>梶本琢程 多井隆晴 滝沢和典

1stのA卓からは鈴木大介さん、ももたんさんが勝ち抜け、B卓からは瀬戸熊直樹、前原雄大が勝ち抜け、C卓からは友添敏之、菅原千瑛が勝ち抜け、D卓からは渋川難波、丸山奏子が勝ち抜けとなった。

2nd進出選手 ©ABEMA

2ndの組み合わせは抽選の結果

【A卓】ももたん 瀬戸熊直樹 友添敏之 丸山奏子
【B卓】鈴木大介 前原雄大 菅原千瑛 渋川難波

となった。

2ndの模様

A卓
A卓南3局 友添の4000オール

瀬戸熊がややリードするも僅差の展開のまま終盤まで進んだA卓。混戦を抜け出したのは友添、フリテンながらも3面張のリーチをツモって裏3、4000オールのアガリでリードを得た。

南4局 丸山の手牌 ©ABEMA

オーラスは丸山が跳満ツモでの逆転チャンスのリーチにたどり着くもアガれず流局となり決着、友添、瀬戸熊が決勝に進出した。

B卓
南2局1本場 鈴木さんの2000・4000 ©ABEMA

前原がややリードして2番手を争う展開となったB卓。4着目の鈴木大介さんがタンヤオ・高め一盃口の[5][8]待ちをダマテン、そして[5]引きからのフリテンリーチに出た。渋川の追いかけリーチを受けるも、高めで平和とドラがつく[五]をツモって2000・4000。このアガリが決め手となって前原、鈴木さんが決勝への進出を決めた。

決勝
東2局1本場 鈴木さんの8000 ©ABEMA

東2局1本場、友添のリーチを受けながらも聴牌を入れた鈴木さんが高めの直撃で瀬戸熊から8000のアガリで一歩リードを得た。

東3局 友添の8000 ©ABEMA

東3局、友添が三色確定の平和で瀬戸熊の先制リーチに追いかけた、2軒リーチに囲まれながらも鈴木大介さんは攻め抜き友添に8000の放銃。これで友添がトップ目に立った。

東4局 瀬戸熊の7700 ©ABEMA

東4局は鈴木さんと瀬戸熊の2軒リーチに。2対4のやや不利なめくりあいを制した瀬戸熊が7700のアガリで連荘となった。

南1局 瀬戸熊のリーチ ©ABEMA
南1局 前原の400・700 ©ABEMA

南1局は瀬戸熊がリーチに出るも前原が自身でポンしている嵌[6]待ちをツモりあげ400・700。打点こそ安いが大きな衝撃を視聴者に与えるアガリを決めた。

南3局1本場 前原の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 鈴木さんの12000 ©ABEMA

南3局1本場は前原が仕掛けて前進したが聴牌で追いついた鈴木さんがリーチ。一発で前原から12000を決めてトップ目に浮上した。

南3局2本場 瀬戸熊の3000・6000 ©ABEMA

南3局2本場、やや厳しい手牌かと思われた瀬戸熊だったが次々と好ツモを引き寄せ高め一気通貫の聴牌に。しっかり高めをツモって裏1。これで百点して鈴木さんと4400点差をつけ伏せを選択できるオーラスを迎えた。

南4局 鈴木さんの手牌 ©ABEMA
南4局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

鈴木さんにはマンズ染めの逆転手が入ったが聴牌は入らず流局。瀬戸熊が逆転の連覇を達成した。

優勝を決めた瀬戸熊直樹 ©ABEMA

「まずは決勝戦、スゴいメンバーになったなと思いました。東2局1本場で、弱気な打[⑥]で8000放銃になってしまって、ここでゲームを壊してはいけないと思って気合を入れなおしました。小山さんから握手でツキをいただいて、隆晴からは俺のツキぜんぶやるって言われて。小山さんにはお返ししますが隆晴には返さないでそのままMリーグに持っていこうと思います。僕は先輩、友人、ライバルに本当に恵まれていて、皆さんのおかげでここまでこれました。僕は隆晴に参ったって言うまで辞めないので!前原さんに嵌[6]を引かれた時は、本当に前原さんらしいなって、逆に嬉しくなりました。昨年は不調の中、苦しんで苦しんでの戴冠でしたが、今年は楽しんで打てました。来年も3連覇目指すので、隆晴さん、残ってください!麻雀だけは一生続けていって皆様に楽しさを伝えて行ければいいなと思います。」と戦いを振り返り、多井へのエールを送った。

関連URL

麻雀最強戦HP

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top