麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
異色の経歴を持つ新人・鈴木麻美の意外な過去と麻雀の腕に迫る

異色の経歴を持つ新人・鈴木麻美の意外な過去と麻雀の腕に迫る

BULL2021求人ニルウッドカバー

鈴木麻美は、2年目を迎える若手の女流雀士である。しかし実は1983年生まれの遅咲きのスター候補。その見た目からは想像できない意外な事実と、明るいキャラクターで男性のみならず女性からも人気を博している。本記事ではそんな鈴木の魅力、その経歴と雀風ついて迫っていこう。

目次

鈴木麻美の基本情報・プロフィールデータ

https://twitter.com/asamizore/status/1420681042478833664?ref_src=twsrc%5Etfw

名前 鈴木麻美(すずきあさみ)
生年月日 1983年
出身地 茨城県
血液型 B型
趣味・特技 資格の取得、アニメ、バスケ
本人公式SNS Twitter
主なタイトル
出場大会
シンデレラリーグ2021出場
夕刊フジ杯女流リーグ2021出場

経歴

2019年:日本プロ麻雀協会のプロ試験に合格
2020年:新人王予選に出場
2021年:シンデレラリーグ2021に出場
2021年:夕刊フジ杯女流リーグ2021出場

鈴木がプロ入りしたのは2019年。尊敬する鈴木たろうが所属するということで、「日本プロ麻雀協会」への入会を決める。プロ歴はまだ浅いが、渋谷雀荘オクタゴンでは常連として知られる存在だったようだ。現在、鈴木は全国に店舗を構える「マーチャオ」や「キングダム池袋店」を中心に活動している。私生活では「資格の取得が趣味」と公言。古物商の資格を持っているなど、意外な一面も見せている。

鈴木麻美の活動

現在、鈴木は関東の雀荘を中心に活動している。キャリアとしては、まだまだこれからといったところだが、メディアへの露出も増え着実に一歩ずつステップアップしている。2021年7月には「シンデレラリーグ2021」や「夕刊フジ杯女流リーグ2021」に参加。全国で名前を知ってもらうためにも、ここで結果を残したいところだ。

また、日本プロ麻雀協会の放送対局にて実況を担当しているなど、放送対局ファンの方々にとっては声を聴ける場面もたびたびあるだろう。

鈴木麻美のおすすめ動画

【踊る!豊後殿】日本プロ麻雀協会の若手女流がカミングアウト連発w??

「踊る!豊後殿」は、YouTubeチャンネル・麻雀遊戯王の中で女流雀士の私生活に迫る企画である。2020年11月17日の回では、日本プロ麻雀協会の若手女流たちが登場し、鈴木もその一人として参加した。今までどこにも語っていなかった、衝撃の事実が明らかに。新たな鈴木を知ることができる貴重な1本である。

【リモトーーク】ゲスト鈴木麻美&田中沙久

「リモトーーク」はYouTubeチャンネル・日本プロ麻雀協会の中の人気企画だ。同じく日本プロ麻雀協会所属、サンミュージックで芸人としても活躍しているようへいがMCを務め、ゲストの自宅から生リモートトークで配信される。2020年5月14の回では、ゲストとして鈴木麻美と田中紗久らが出演。プロ雀士になった経緯や日本プロ麻雀協会に入会した理由を語っている。動画の後半では、過去の恋愛についてカミングアウトするなど、鈴木の素顔を見られる動画となっている。

鈴木麻美プロと麻雀

鈴木が麻雀を始めたのは20歳前後のとき。当時の恋人の影響で麻雀の魅力に取り憑かれた。だが、当時は社会人バスケット選手として活動しており、麻雀は趣味程度にしか参加していない。怪我をしてからはバスケットができなくなり、「ならばプロ雀士を目指そう」と日本プロ麻雀協会の試験を受け、女流雀士としての道を歩むことになったという。

鈴木麻美の麻雀の実力-強さ-打ち方

鈴木はプロとしては経験が浅く、まだ主要大会で結果を残せていない。そのため、麻雀の腕は未知数なところが多い。しかし鈴木は、あのオクタゴンで腕を磨いた雀士である。オクタゴンでは、年間を通してリーグ戦が行われる。アマチュア、プロの各部門でチャンピオンに輝くと、麻雀最強戦の出場権が与えられるため、腕に覚えのある雀士が集まる。そこで名を上げた鈴木もまた、高いポテンシャルを持った雀士であるといえるだろう。

鈴木麻美の対局時の様子

夕刊フジ杯争奪麻雀女流リーグ2021|2021.1.4

鈴木は、「夕刊フジ杯争奪麻雀女流リーグ東日本リーグ東京7組第7節2回戦」に出場。鈴木は、これが初の放送対局となり少し緊張した面持ちであった。結果としては、あと一歩流れを掴みとれず最下位と、苦い配信デビューとなった。しかし、場の空気を読み受け型を変え相手に合わせて攻め方を変える実戦的なスタイルは、前線で戦い続けていた鈴木らしい一局といえるのかもしれない。

SNSでの評価・評判

2019年にプロ雀士になった鈴木。YouTubeチャンネル「麻雀遊戯王」に出演し、実年齢を公表したが、「年齢より若く見える」と好評であった。女流雀士たちからは、「お姉さん」として慕われており、落ち着いていて、優しいと評判だ。最近ではダイエットにも成功して、魅力が増すばかりだ。

https://twitter.com/you_anfield/status/1370937299945459717

鈴木の先輩にあたる、日本プロ麻雀協会の古小路亜美からは「おねーちゃん」と慕われている。若い女流雀士が多い中で、姉のような存在になっているようだ。

RMU所属の新人雀士、三浦ももこからも好意的なツイートが確認できた。年下の女流からは優しいと評判のようだ。

https://twitter.com/miurammk/status/1409839697497522178

鈴木麻美のニュース・こぼれ話

夕刊フジ杯の結果

鈴木プロは「夕刊フジ杯争奪麻雀女流リーグ2021」に参戦した。夕刊フジ杯は、チーム式と個人式で行われるリーグ戦である。鈴木プロは東京4組「麻雀さかえ松戸店」チームとして参戦。残念ながら結果は残せなかったが、初の放送対局をこなし順調にキャリアを積み重ねている。対局の様子は「MONDO TV」の公式YouTubeチャンネルから視聴可能となっている。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top