麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
マージャンで生きる人たち 第16回 株式会社サイバーエージェント AbemaTVカンパニー編成部プロデューサー 塚本泰隆 「決断したことに後悔はしない。麻雀から学んだ思考です」

マージャンで生きる人たち 第16回 株式会社サイバーエージェント AbemaTVカンパニー編成部プロデューサー 塚本泰隆 「決断したことに後悔はしない。麻雀から学んだ思考です」

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

 2016年4月、株式会社サイバーエージェントと株式会社テレビ朝日が共同展開してスタートした『AbemaTV』(アベマティーヴィー)。24時間無料で楽しめる「インターネットテレビ局」として、オリジナルの生放送コンテンツやニュース、音楽、スポーツ、バラエティをはじめ、約30のチャンネルが提供されている。その中に「麻雀チャンネル」がある。今回はその麻雀チャンネル・プロデューサー、塚本泰隆さんに仕事論を聞いた。

 

塚本泰隆(つかもと・やすたか)プロフィール

1987年、東京都生まれ。O型、蠍座。慶応大学文学部卒。好きな映画は『オーシャンズ』シリーズ。

 

AbemaTVの特長といえば?

「地上波ではなかなかできない趣味のジャンルに特化できることが強みです。麻雀チャンネルもその中のひとつです。開設の経緯は、サイバーエージェント・藤田晋代表取締役社長が、麻雀最強戦で優勝して以降、麻雀に力を注いでいることがきっかけではありますが、人気チャンネルランキングでもアニメやドラマチャンネル同様、トップ10入りもあり、正直予測を上回る反響を頂いております」

 

麻雀番組を通して伝えたいこととは?

 麻雀チャンネルでは、トッププロが集う『藤田晋 invitational RTDリーグ』をはじめ『麻雀最強戦』や『フリースタイル雀ジョン』等、競技麻雀を中心とした様々な対局番組が放映されている。

「RTDリーグを軸に編成しています。トッププロたちの真剣な一打一打は、まさに究極の人間ドラマです。出場プロたちは、団体の枠を越えて最善を尽くしてくれているので、感情の機微が自然に現れ、人間ドラマが生まれています。対局だけではなく、そういった人間臭さをも伝えたいと思い、対局前後の表情や会話も放映させてもらっています」

「だから対局後の選手に声をかける時には、最も気を遣っているかもしれません。どういった言葉をかけたら、負けた選手も勝った選手も現実を受け入れて、次の対局でよりベストなパフォーマンスが出せる環境を整えられるのか。選手達にはとにかく自然体で挑んでほしいからこそ、大切なやりとりだと捉えています。RTDのような初心者向けのコンテンツではない、一流のドラマを伝えることによって、逆に麻雀をやったことのない人がやってみようかなと思ってもらえたら嬉しいかぎりです」

20610a191e255202f5b722870d542037eea0b4d5std
RTD対局後のひとコマ。闘いの合間に生まれる安堵の時間だ

 

AbemaTVが展開する新しい麻雀の楽しみ方とは?

 2016年に放映された『第一回 麻雀プロ団体日本一決定戦』では、個人競技としてのドラマだけではなく「チームならではのドラマ」もあることを伝えている。

「普段は自分が勝つために個人の戦いをしている選手達ですが、チームが勝つために何ができるのか、どんな役割を担うのか。そこにスポットを当てた番組が『麻雀プロ団体日本一決定戦』でした。麻雀は団体競技としても成り立つことを人間ドラマとして、伝えられたかなと思っています」

 AbemaTV麻雀チャンネルでは、7月1日より、新番組『麻雀駅伝』を放映している。

「オリンピックも4年に一度。選手達はモチベーションを保つのも大変なので、今年は『麻雀プロ団体日本一決定戦』ではなく『麻雀駅伝』を放映しています。この番組ではプロ3団体の他に、藤田晋率いるアマチュア連合を加えた4チームが激突します。箱根駅伝が近いイメージで、1チーム6人が東風戦、連盟公式ルール、3人麻雀、RTDリーグという4カテゴリーに分かれて1カ月間、ポイントをたすきのようにつないで闘います。自分が負けたらチームが負けるという状況は、麻雀ファンにとってはなかなか味わえないので、エンターテインメントになり得ると考えています」

 

次ページ 麻雀界と将棋界の違いは・・・?

新着記事

Return Top