麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

マージャンで生きる人たち 第17回 劇画原作者 来賀友志 「麻雀劇画の基本は〝負けの美学〟だと思っています」

マージャンで生きる人たち 第17回 劇画原作者 来賀友志 「麻雀劇画の基本は〝負けの美学〟だと思っています」
マージャンで生きる人たち

 1999年に連載がスタートした「麻雀飛龍伝説 天牌」(原作:来賀友志/作画:嶺岸信明)は、18年の月日を超え、2017年現在も週刊漫画ゴラク(日本文芸社)で連載されており、既刊コミックスは90巻に到達している。今回はその作者であり、麻雀劇画という世界を33年間にわたって書き続ける、劇画原作者・来賀友志先生に仕事論を聞いた。

 

来賀友志(くが・ともし)プロフィール

1956年、鹿児島県生まれ。A型。早稲田大学卒。劇画原作者。好きな映画は「男たちの挽歌」。

 

劇画原作者になったきっかけは?

「学生時代から一生麻雀に関わっていきたいとは思っていました。麻雀プロになりたかったんです。ただ両親が厳しかったので、麻雀に関連する出版社に入れば許してくれるんじゃないかと考え、学生の頃から竹書房の嘱託として、麻雀専門誌・近代麻雀に関わるようになりました。当時の近代麻雀は、現在のような漫画主体ではなく、活字主体の雑誌でした。採譜したり、原稿書いたり、編集したりしているうちに、23歳の時に社員になりました」

「26歳で編集長になってからは、ほとんど会社か作家さんのところにいるかで、寝るのは近くのサウナという日々。200ページある雑誌の半分近く、観戦記や戦術論などの原稿も書いてました。そういった過酷な経験があったから、原作も書けるようになったんだと思います。実際、社員でありながら、別冊近代麻雀から頼まれて、漫画原作を書いたこともありました。だから独立しても、ある程度の需要はあるかなという実感はありました。そしてもっとダイレクトに麻雀の楽しさを広めるにはどうしたらいいのかと考えた末、28歳の時に退社し、劇画原作者の道へ入ったんです」

aDS3_1413
メディア対局からの出演オファーも多い。「絶対に勝たなければという感覚の中で対局しています」

 

原作を書くときは牌譜が先? ストーリーが先?

「牌譜が先のケースはほとんどありません。まずストーリーがあって、そこにどんな牌譜を入れたら決め台詞が引き立つのかを考えます。だから普段から印象に残った牌譜は全部書き留めてストックしています。麻雀劇画の基本は、負けの美学だと思っています。面白さだけじゃなくてツラさとか悔しさもまとめて伝えていきたい。勝つ奴よりも、負けた奴がどんなに格好良くなれるのか。負けた方に主眼を置いて作品を書いています」

 

決め台詞はどのように生まれるのですか?

「たとえば音楽を聞いていていいフレーズがあったら必ずメモしています。それを自分なりの言葉に置き換えたり、作品に活かすにはどう加工したらいいのかを考えます。原作者とは〝加工業〟みたいなところがあるんです。読切作品でも連載作品でも、1話の中に必ず決め台詞を1つか2つは入れることを鉄則にしていて、その決め台詞を中心にしていろんなところを動かしていく。常に印象に残った言葉やフレーズを、麻雀の闘牌に置き換えたらどう言えるのかを考えています」

 

取材スタイルは?

「いろんなところに足を運んで会話をしたり、話を聞くことが僕にとっての取材です。だから街を歩いていても、常にアンテナを張り巡らせています。24歳の頃、上司に初めて連れて行ってもらったのが、新宿ゴールデン街でした。当時から作家、編集者、カメラマンなどクリエイターたちが集まっていて、ペーペーだった僕はカウンターの片隅で、いろんな人の話に耳を傾けていました。そういうところから取材力を培ってきたんで、今でも誰かの話を聞いては、こんなふうに加工したら面白いかなと考えています。新宿ゴールデン街には、かれこれ30年以上通っていますね」

 aDSC_0392
街を歩くときはいつもカメラを持参。「ゆくゆくは勝負師としての麻雀プロの表情を撮りたいですね」

 

どんな人に作品を読んでほしいですか?

「ちょっと麻雀に疲れて飽きちゃった人に読んでほしいですね。飽きたら休めばいいんです。休めば時間が生まれるわけで、そのときに読んでもらえたら、勝つだけが麻雀じゃないんだな。ツライことも楽しいことも人との結びつきもあるんだな。よし、また麻雀したいなってと思ってもらえたら嬉しいですね」

aDSC01627
故・飯田正人永世最高位と。「初めて飯田プロにお会いしたときから、スター性を感じました」

 

健康管理で行っていることはありますか?

「13年前までは1日5箱は吸うチェーンスモーカーだったんです。安藤満プロが亡くなって、その2週間後に作家の鷺沢萠さんも亡くなった頃、ふたりからものすごい御呼ばれが来たのか、喘息が止まらなくなった時期がありました。病院に行ったら、肺がんかもと言われて、1ヶ月間の検査入院。結果は細菌性の肺炎だったので、薬を投与して治ったんですが、このときにタバコをやめました。やめたら太り始めたんで、12年前から加圧トレーニングを毎週1~2回、欠かさずやっています。入院してたときに、ずっと大好きな地図を見ていて、もし助かったらまだ降りたことのない駅に行ってラーメンを食べようと想像していたんです。だから退院してからは、朝4時に起きて、お昼ぐらいに仕事の区切りをつけて、それ以降はネタ拾いとか、ラーメンを食べに出かけるという感じです。酒の飲み過ぎで胆嚢も取って肝臓も切ってますけど、全然変わらずですね(笑)」

 

麻雀を始めたのは?

「覚えたのは中学校の頃。一番どっぷり浸かったのは、予備校の2年間ですが、大学でもどっぷり浸かってました。その頃、竹書房が主催する『東京六大学麻雀リーグ』が開催されていました。ある日、麻雀部のキャプテンが、僕のところに来て、早稲田を助けてくれって言うんです。それから大会に出るようになったことがきっかけで、竹書房と関わりを持つようになったわけですから、縁って不思議ですね」

aDSC08533-(1)
近代麻雀編集長時代の秘蔵写真。「あの頃の経験が、今の仕事に繋がっています」

 

この仕事を目指す人へのアドバイス

「まずはどんどん書くことです。そして書いたものを出版社に持ち込むことです。そこでどんなにけなされようが、何を言われようが食らいつく。誰でも自分の実体験をベースにすれば、1~2本は書けるとは思います。そこから続けられるかどうかに関しては、努力が必要です。僕も竹書房時代、超売れていた作家のところに原稿を見て頂けませんかと持って行ったら、読んでもらえず、破かれて5階の窓から捨てられこともありました。もしもこの世界に興味があって、何かしら書いた人がいたら、僕に送って頂けたら必ず読みます。その人の個性を伸ばすことが大事だと思うので、助言ぐらいはしますんで」

 

来賀先生にとって麻雀とは?

「今の人生をすべてかけたものが麻雀です。思い返しても18歳から61歳になったこれまで、麻雀以外のことを考えたことはありません。いつも麻雀が一番。もしも生まれ変わったら、早いうちから麻雀の勉強をして、ものすごく強いプロになりたいですね。将棋界の藤井聡太四段のように(笑)」

234d475d162c7d920faff8208e5c783bac136be3std
最新刊「麻雀飛龍伝説 天牌」第90巻も絶賛発売中。©来賀友志/嶺岸信明/日本文芸社

 

インタビューを終えて

28歳のデビューからこれまでの33年間、1本も落とさず締め切りを守り、4000本近くの原作を書き上げてきた来賀先生。来賀友志はペンネームで「来賀」は空閑(くが)緑という、文藝春秋社の創始者でもある菊池寛の友達で、麻雀を全国に広めた方の名前から。「友志」は志を同じにする友という想いを込めてつけたという。「机の前には、ハンカチに包んでバカラグラスに入れた安藤満プロの右肩の骨を置いてます。志半ばで逝ってしまったので、今でも頼むよって言われているような気がしているんです」。そんな思い出を語ってくれたのは、インタビューの場所が、新宿ゴールデン街だったからなのかもしれない。

 

インタビュー・文責:福山純生(雀聖アワー) 写真:河下太郎(麻雀ウオッチ)

 

マージャンで生きる人たち back number

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)