麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
第23回 ネマタの雀魂日記

第23回 ネマタの雀魂日記

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で三人麻雀初の魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

雀魂の雀聖プレイヤーである、「どら」氏とお会いしてきました。どら氏は最近では珍しいリーチ率が低くダマテンを多用するスタイルの打ち手。どのようなケースでダマを考慮するのかについて、後日こちらで記事を書いて下さるそうです。

雀魂の愉快な仲間たち

自分と異なる打ち筋の強者が、対局中に何を考え実践しているのか、実に興味深いものです。

雀魂牌譜

三麻は基本「リーチ最強」なゲームですが、他家が高打点になりやすい、手牌構成を読みやすいといった理由で、失点回避、リーチしてもアガリがかなり厳しい等の理由でダマに構えることも多いです。役無しダマについても、リーチしても出アガリがきくのは最大二人までで、牌種が少ないのでツモれることも多いことから四麻よりはデメリットも薄いと思っています。

南1局 他家二人ともほぼ高打点といえる仕掛け。降り気味に進めますが通っている牌を切れるうちはテンパイを目指します。通ってない牌はすぐにでも止めるところなので、役無しテンパイでもダマを選択。流局で済めば御の字と思っていましたが、流局間際にまさかのカンドラもろ乗りからのリンシャンツモ。こういうケースもあるからこそ、基本降り気味といってもテンパイを目指す必要であると改めて知らされます。

南2局 8巡目 手広いくっつき1シャンテンから一番イマイチなツモ。ツモのアガリ逃しさえタンピンがついて待ちテンパイということでテンパイを外しましたが、僅差のトップ争いなら点数状況的にタンピンまでつける打点的メリットが薄く、チーテンがない三麻においては、テンパイを外した方がアガリやすいとまではいえない牌姿。即リーチがよかったように思います。アガリ逃しからの一発振り込みは不運としても、形にこだわり過ぎて実利を取れない甘さが目立ちました。

南3局 11巡目 ラス目がピンズリャンメン落としから字牌を手出し、ツモ切り。ドラ単騎チートイツをアガったところでトップとはまだ点差のある2着目で、倍満以上のツモアガリ以外は振らなければ2着。ソーズが溢れたことを把握しながらも、ついテンパイを取ってしまいました。

ラス目がチンイツなら倍満ツモもあるので、テンパイを取らなかったために捲られることもありそうですが、いずれにせよ点数状況から役無しリーチに踏み切りづらいことを踏まえると、8巡目にを外してチートイツ1シャンテンに決めておく手もあったように思います。を先切りしていれば、次巡ラス目がを掴んでアガれていました。ここで12000加点すれば、次局はラスを恐れることなくトップを十分狙える点差になります。

選べなかったのは四暗刻変化もあったためですが、これもまさに、形にこだわり過ぎて実利を取れなかった例と言えそうです。結果そのものは不運であっても、最善を尽くしていれば避けられることもあると改めて痛感させられるのでありました。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter


この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top