麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
第104回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第104回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人MEWS
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

雀魂の愉快な仲間たち」で三麻ミニ大会をやりました。勝っても何ももらえませんが、三麻ランキング1位として力を見せたいところです。

雀魂牌譜

東2局1本場

対門(四麻ランキング1位)の方からリーチ。こちらもテンパイですが、ツモ損三麻でカンチャンドラ1追いかけリーチはやや厳しいところ。はシャンポンとカンチャンでカンチャンを選択した場合くらいしか当たらないので、良形に変化するようなら追いかけ、その前に更に危険牌を引いて待ちを絞れるようになった場合は降りを選べるに越したことはないとみて聴牌を外しました。

はリャンメンが2パターンあるからとを切って振り込みましたが、以外ヤオチュウ牌切りで序盤リーチとなれば悪形にあたるケースも多い。切りリーチでが見えているとなれば、はリャンメン以外では当たりにくい。相手の待ちがリャンメンなら、ここで振り込みを回避できても結果的に負けることも多いですが、悪形待ちに振り込んだ場合は、回避できていれば自分のアガリになりやすいのですから。ここでもケアすべきは悪形への振り込みとみて打がよかったですね。3枚見えで悪形に当たるパターンも少ないとみて、そもそもが悪形で当たることがほぼないことを見落としていました。

南1局1本場

国士5シャンテン。他は6シャンテン。仕方なく国士か、ドラ色のピンズ一色手を狙いの打

何とヤオチュウ牌が1枚も余らずに聴牌。余る場合も、他家に通りやすいと読める中張牌を最終手出しにすると聴牌が読まれにくくなり少しばかり出アガリの可能性を上げることができると言えそうです。

普段は嫌な親リーチも、この時ばかりは大歓迎。さあをつかめと心の中で願うもあっさりツモられてしまいました。力を見せつけるどころか、ヘッポコ振りを晒す羽目になるのでありました(笑)

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter

新着記事

Return Top