麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第374回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第374回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

BULL2021求人朝宮あろま
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

秘密の喫茶イベントはパネルをめくって任務を消化するタイプ。従来この手のイベントはパネルを開けるまえに対局を始めてしまい任務を消化しそこねてしまうことが結構有りましたが、今回は開け忘れを防ぐために「!」のマークがつくようになりました。

雀魂牌譜

東1局1本場

[発]ポン打[3]。ソーズ周辺が切りづらいと思ってしまったのですが、[2][2][3][5][6][6][発][発][2][2][3][6][6][7][発][発]ならドラ[6]なので打[2]とされそうなもの。つまりソーズは通り当たるとすればピンズ。通る牌を切りつつアガリを目指す事も出来たので何とも温い振り込みになってしまいました。

東2局

点数状況と場にピンズが高いことからリーチを打てずにいるとトップ目の対門が打[②]。この段階で通ってない牌を打ってくるとなるとほぼ聴牌。そこにラス目親とはいえ上家が対門に通ってない[8]切りで満貫振り込み。一体何事かと思ったら九蓮宝燈聴牌。しかも次の上家のツモが[①]でした。

南1局1本場

こちらはチートイツ聴牌。南家は序盤から中張牌連打。国士無双にしては[北]抜きが早いので対子や刻子が固まっている手でしょうか。順子が作りにくい牌ほどその分対子以上で固められることが増えるので、この場合はむしろ固められてなさそうな中張牌で待つのがよいでしょう。しかし頭では分かっていても慣れてない打牌というのは選びづらいもので、この時もふらふらと[①]単騎に受けてしまいました。

上家に切りづらい生牌[⑧]を切ってきていることから対門はあがる気がまだあり。こちらは生牌[九]を掴んで降り。何度もアガリ損ねた自分の下手さ加減を嘆いていると上家がドラ[4]を切り対門に跳満振り込みトビ終了。ラス目とはいえ何事かと思ったら四暗刻聴牌。山が少し違えば役満をあがられているところでした。致命的なミスばかりだったのに2着で済んだのは僥倖でした。それではまた次回。

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top