麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
第392回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第392回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

BULL2021求人朝宮あろま
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

雀魂キャラ推し祭り大会」。今週末と来週末の2回に分けて開催されます。奮ってご参加下さい。

「魔術オタクの素材集め」。相変わらず、「ねこをダメにするソファ」が集まりにくいのですが、混一色小三元(三元牌×2)混全帯么九(または混老頭)場風牌(または自風牌)なら一回の和了で上限の10個を一気に収集できます。特に意味は無いですが一度くらいやってみたいですね。

雀魂牌譜

南1局

[①] 今回は牌譜検討回。打点も平面で見た場合の和了率も大差なさそうなので、東家にピンズが高くソーズが安いという場況から聴牌外しがよいと判断します。

南2局

[西] 河から他家の手牌進行が早くない(西家は2pより内側の牌がまだ浮いている可能性があり、東家も白発中索子を浮き牌として抱えている可能性がある)ことも珍しくないとみてまだ安牌より聴牌チャンスを優先しそうです。

[6]ダマ 南家には36s以外で当たりにくく東家はリーチの現物切りで聴牌率は高くない 6sくらいは押しますが ダマでもアガれば次局満貫ツモられまでトップ、リーチしてからアガリ損ねた場合のリーチ棒出費も順位に影響しやすい、一応リーチの現物待ち。リーチしない理由が1つだけだと多くの場合で「それでもリーチ」となりますが、理由が複数になるとダマを選ぶことが増えると考えます。

南3局

[中]ダマ 国士模様から降りているように見える南家は中は持っていて4sは持っていない可能性が高く、中も4sも南家から出アガリは期待できない牌。それなら西家に当たりにくい中切りで(78pリャンメン手出しから3s切りリーチなのでリャンメン待ちの可能性が高い)聴牌維持とします。

降りているように見えた西家にまさかの国士聴牌が入る展開。結果的にはどちらの単騎を選んでいてもアガれていましたが、悩ましい待ち選択が何度も訪れるのが麻雀。少しでも精度を高めたいです。

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top