麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第28回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第28回

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節三回戦A卓

▼対局者
私:就活生@川村軍団
Bさん:シンプルなワキガ
Ⓟ木原浩一
Ⓟ中嶋隼也

牌譜はこちら

28-1-min

 リャンメン変化が4種でドラ引き変化もある手。即リーチするかどうか迷う手牌です。

 ドラ引きの手変わりが無ければ即リーチ有利。4連形へのくっつきが1つあるシャボ(リャンメン変化6種)であれば大体互角ですが、ダマのまま安くアガるケースも含まれているのでまだ即リーチ有利と言えます。(ブログ「とりあえず麻雀研究始めてみました」より「先制シャボ聴牌の詳細データ」参考)

 よって打点上昇変化を考慮することで優劣が変わるかどうかがポイントになると言えます。6巡目にリャンメン変化4種と6種でアガリ率の差が5%程度となると、1翻アップの方が手変わりとしての価値は高そうではあります。優劣が変わるかどうかまでは判断がつきませんが、これならダマも有力そうです。

28-2-min

 待ちになった時に出アガリしやすいように空切り。ただし1枚目と2枚目のを切った巡目にあまりに開きがあると、を浮き牌として引っ張っているとすると不自然なので空切りが読まれてしまうことも考えられます。

28-3-min

 南家は手変わり待ちが功を奏する結果となりました。東家は待ちにしてもアガリ牌は残り4枚。が当たり牌とすればほぼ待ちですが、はカンもあり得るということで打。テンパイ料がある以上アガリが厳しい手でもテンパイに取るのが悪手とは言えませんが、一旦現物を切ってへのくっつきでテンパイが取れる打との比較は難しいです。

28-4-min

 テンパイしてもを切ってまでのみ手カンチャンリーチを打った方がよいと言えるかは微妙。と受けがかぶっているので234三色にはあまりなりませんが打という手もありそうです。

28-5-min

 アガって局を流すメリット自体は結構大きいので即リーチもありそうですが、それなりに手変わりがあるならのみ手カンチャン待ちはテンパイ外しとしそうです。

28-6-min

 跳満放銃自体は不運としか言い様がないですが、を切るということはをまたぐような待ちでは当たりにくいということなので、他家からみて押し返しやすいということでもあります。このあたりをどう評価するかは個人的にも気になるところであります。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top