麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第44回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第44回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節一回戦B卓

▼対局者
Ⓟ中嶋隼也
Bさん: 就活生@川村軍団
Ⓟ木原浩一
Dさん: トトリ先生19歳

牌譜はこちら

 44-1-min

 一見浮き牌のを切りたくなりますが、ツモで一通含みのメンツ候補ができます。巡目が早くピンズはの4連形があるので、をツモった場合も早い巡目ならカンテンパイよりも良形、一通変化が残るくっつき1シャンテンの方が勝ると言えそうです。

44-2-min

 テンパイを逃すツモ。先にを引いた場合はフリテンにならず、フリテンが残った場合もカンに比べて劣るというわけではありません。こうなれば1シャンテン取りでしょうか。もちろんフリテンでない良形テンパイになるならそれに越したことはないので、ピンズが伸びてリャンメン以上メンツ候補ができた場合は落としでしょうか。

44-3-min

 フリテン含みのマンズを外す変化は無くなりますが、アンコでが他家からみて使いにくいこともあってかピンズ切り。ツモなら高め234三色になるというのもあります。(打ツモと打ツモならタンヤオがある分前者有利なので、一応よりは切りとしそうです。)

44-4-min

 少ない三色変化を待つくらいなら即リーチすべきですが、どちらの待ちが有利なのかは気になります。一般論としてからの待ち選択であれば、1枚のよりはアガリやすさ重視で打リーチとしますが、今回は打リーチでも通常のリャンメンと同程度にアガリが期待できるので、更にアガリやすい待ちに取るよりは受けを残した方がよかったかもしれません。

44-5-min

 結果的には打リーチなら一発ツモで2000−3900でした。東家は切りがよかったと思います。ドラが見えているのでで振っても安そうではありますが、ここからテンパイを取れるケースはあまりなく、放銃よりはノーテン流局の方がよいので、現物を切るとメンツを崩すことになるとしても中抜きしてそうです。

新着記事

Return Top