麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第80回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第80回

CABO求人MEWS
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節二回戦C卓

▼対局者
私:タケオしゃん
Bさん:トトリ先生19歳
Ⓟ木原浩一
Dさん:コーラ下さい

牌譜はこちら

80_1-min

 リャンメンができるより字牌が重なってホンイツの5ブロックが足りる方がずっと強いのでもちろん字牌残し。次巡に同色の赤5を引いた場合を比較するとフリテンが残りにくいので一応打の方がよいでしょうか。

80_2-min

 リャンメンができるようなら、ツモはドラ2の1シャンテンに取れる方がよいので字牌切り。特に今回のように一色手にしなくても高打点が狙える場合は、一色手本線としても決め打たずに通常のメンツ手を残すことも重要になります。

80_3-min

 が生きていれば倍満以上がみえるチンイツ狙いもありましたが流石に即リーチ。一発ツモで3900オール。一色手本線でも決め打たないことの重要性がよくわかる一局です。

80_4-min

 1メンツも無い手でチートイツ2シャンテンとなればチートイツに決めるところ。西家北家が1巡目に打ならも使われてなさそうということでリャンメン落としの打

80_5-min

 南家がピンズ一色手傾向の河。が鳴かれなかったのでは山に残ってそうですが、は持たれているかもしれません。は北家西家にトイツ以上のケースもあるとみてかここで生牌の。生牌の字牌がと3種残っているとなると比較的山に残っていることが多そうではありますが、他の牌も選びにくいので難しいです。

80_6-min

 ツモった方が高打点なので、つかめば誰からでも出そうな残り1枚のよりは、出アガリしにくいとはいえ北家西家に持たれていない可能性が高い残り3枚の単騎でリーチ。

80_7-min

 結果的にはの2枚は南家持ちで、単騎なら南家から一発でしたが致し方なしでしょう。リーチに回し打った南家がメンホンテンパイ。安牌に窮した西家がトイツ落としで8000のアガリとなりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top