麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第81回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第81回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節三回戦A卓

▼対局者
私:シンプルなワキガ
Bさん:コーラ下さい
Ⓟ中嶋隼也
Dさん:独歩

牌譜はこちら

81_1-min

 チャンタ三色の5ブロックが既に揃っています。純チャン変化や東家の現物ということでを残す手もありますが、序盤で先制テンパイがとれる可能性も高く、メンゼンでテンパイすれば高打点の手。序盤から中張牌が多く切られていると、を切っていても変則手を警戒されてペンも止められやすくなるというのも考慮してのものでしょうか。天鳳名人戦という舞台だけあって河作りに相当する打牌もよく見られます。

81_2-min

 鳴いてもシャンテン変わらずで、スルーすればは完全安牌となるといかにもスルーしたくなりますが、ポンすればでもテンパイするので受け入れ枚数は大差。ツモの後にドラを引いて満貫変化もあります。アガリに近そうと読める他家もいないので、実は鳴いた方がよかったのかもしれません。

81_3-min

 ドラを引いて一旦は切り。

81_4-min

 「ダマは基本警戒しない」と言っても、当たったら高打点確定の生牌ドラを終盤で切るとなると相応のリスクがあるもの。テンパイ料も難しい手であればダマテンの他家がいたとしても当たらない牌を切るものですから、逆に言えばこちらの仕掛けに危険な牌を終盤で切ってくる他家がいればダマテンの可能性が高いとみるべきでしょう。

 今回はそこまで目立った牌を切っている他家がいないので、こちらもテンパイならを切って問題なさそうですが、このが放銃牌となれば傍目からはいかにもミスに見えます。天鳳名人戦という舞台となるとどうしてもリスク回避思考になるのは実力者であってもやむを得ないことかもしれません。

81_5-min

 結果は一人ノーテン。リターンの無いところで不要な失点を回避するためにもダマテンのケア自体は必要ですが、テンパイ料がある以上警戒し過ぎも積もれば結構な失点になります。このあたりのバランスを取るのは難しいものです。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top