麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第44回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第44回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節一回戦C卓

▼対局者
Ⓢ福地誠
Ⓟ木原浩一
就活生@川村軍団
独歩

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

牌譜はこちら

 先制リーチの安牌を切ってこちらも役無しドラ無し悪形テンパイ。「現代麻雀最新セオリー」では対親リーチでも(ベタオリと比較すれば)追っかけリーチが悪くないところ。今回は親なのでなおのこと、ダマから降りるくらいならリーチがよいでしょう。
 しかしダマにした場合は手変わりもあります。先制テンパイの場合は、リャンメン変化で平和がつく場合。リャンメン変化が6種ほどあれば手変わり待ちが即リーチと釣り合います。今回平和変化は4種止まりですが、をそのままツモアガリするのを1種、ツモのタンヤオ変化を1種と数えれば6種に届きます。
 先制リーチが入っている以上手変わりを待つ猶予が少なくなっていますが、めくり合いで勝ちやすくなる良形変化の価値自体は上がっています。かなり大雑把な目安ですが、「先制テンパイ時に良形変化込みで手変わりを待つかどうか微妙な手」であれば、後手で役無しの場合も「降りるつもりはなく、手変わりを待つ猶予が無い」という理由でリーチするより、「手変わりすればなお押しやすい」という理由でテンパイ取りダマを選ぶことも考慮します。

 無スジのを引きましたが、親につき降りるよりはダマ押し。どのタイミングで降りるのか、はたまたリーチに踏み切るのか。リャンメン変化が少なくなるツモならどうするのか。このあたりは今後の研究課題となりそうです。

 次巡ツモ。これなら問題無く待ちで追っかけ。結果的にはシャンポンのまま即リーチしていれば既にアガリ牌が山に残っていませんでした。

 裏ドラも乗って5800のアガリ。トップに着実に詰め寄るアガリとなりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top