麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第45回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第45回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節一回戦C卓

▼対局者
Ⓢ福地誠
Ⓟ木原浩一
就活生@川村軍団
独歩

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

牌譜はこちら

 40符2翻良形リーチと、40符3翻ドラ待ち悪形リーチならドラ待ちのアガリにくさもあり前者有利。イーペーコー、サンアンコへの変化もあるのでなおのことペンチャン落としがよいとみます。「先にドラを引いた時だけ有利」ならドラ受け外し。「ドラ待ちが残っても有利」ならドラ受けを残すというのが一つの目安です。

 2件リーチに現物無し。北家の現物かつ通ればもう1巡凌げるで親へ放銃。放銃したとしても高めドラをツモられるのを防げたと考えると悪くないですが、両者に片スジかつ通ればトイツ落としで凌げ、なおかつ一応1シャンテンに取れるということで個人的には打としそうでした。

 カンチャン部分で678三色が完成しているのでマンズ4連形を残す必要性は薄い手。ただしトップ目につきアガリやすくなる変化を残すに越したことはなく、ドラ中を引っ張って他家に鳴かれるリスクもあるのでここではドラ切りが妥当でしょうか。

 使いにくい字牌ドラが切られると手拍子で合わせ打ちしがちですが、鳴きが入らなかったということはドラを重ねるチャンスが残ったということでもあります。こちらはラス目ということもありまだドラは引っ張って打としそうです。

 結果的には残しが活き、カンよりアガリやすそうなカンテンパイ。一通になったのでドラを切ってもまずまずの打点です。

 このリーチを受けトップ目の南家は唯一の現物ですがメンツを中抜き。

 が通ったので、が当たるとすれば待ち。その場合はと雀頭からあえて受けを狭めて打としたことになります。のような受けかぶりカンチャンが残っているようならそもそもドラを残しそうなものなので、ダブルワンチャンスとはいえ当たる手順が有り得るよりは通るとの判断でしょうか。

 一旦はメンツを中抜きしたかと思いきや、再度テンパイして先制リーチ者から出アガリ。どんな打ち手が相手でも先制テンパイが強いというのは事実ですが、相手が実力者であれば交わされる頻度が高くなるというのもまた事実。ここが天鳳名人戦の面白さでもあります。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top