麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第47回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第47回

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節二回戦A卓

▼対局者
Ⓟ谷口浩平
タケオしゃん
Ⓟ川崎たかし
おじさん

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

牌譜はこちら

 このは鳴いてもあまり手が進みませんが、ホンイツトイトイの高打点が狙え、安牌はトイツがあるので手牌を短くしても凌ぎやすい。ドラを切らせにくくすることで、実際にトイツで持っている他家のアガリ率を落とす効果も期待できます。安手になる受けより、赤5含みのトイトイでも満貫に届くようを残すようです。

 から鳴く手もあったと思いますが、が鳴きづらくなり、鳴けたとしても今度は守備に不安が残る。ラス牌のは手が進んだ後でも鳴けることが多いというのもありスルーというところでしょうか。このあたりのバランスは難しいです。

 鳴いても打点があり、両方止められることは少ないとみて仕掛けそうでしたが、ターツ不足で、スルーしてもまだメンツが作りやすいところということもあってかスルー。確かにスルーしても大半のツモで手が進みますし、は誰にも使われなさそうです。

 チートイツ赤2の1シャンテンで、新たにメンツができても悪形残りでメンツ手でテンパイしにくい形。南家に使われやすいソーズメンツを崩し、比較的使われにくいマンズペンチャンを残します。

 しかしは止めて打。ソーズも字牌も切っていない南家がホンイツを既にテンパイしている可能性は低いですが、が通ったとなるとは鳴かれる可能性が高い。鳴かれてテンパイを入れられるようなら自分のアガリ率が大きく下がります。赤2枚のチートイツなら多少放銃リスクがアガっても自分のアガリをみたいところ。鳴かれそうな牌を絞るのも、場合によっては守りではなく攻めの技術になります。

 しかし今回は結果的に裏目。を止めつつテンパイを入れましたが、その間に手を進めた西家が先にでテンパイを入れて3900のアガリとなりました。

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。1984年佐賀県生まれ。東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top