麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第35回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第35回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節四回戦B卓

▼対局者
タケオしゃん
Ⓟ木原浩一
独歩
Ⓟ中嶋隼也

牌譜はこちら

東1局

受け入れは狭いですがリーチツモサンアンコの満貫もある1シャンテン。はポンしても後付けになる牌はスルーというところでしょうか。これがならポンするところ。メンゼンでテンパイしづらく、ホンイツトイトイへの変化も残るためです。

受け入れは狭くなりますが、ツモで打点に大差つくのでピンズペンチャンを落とす手もあります。結果的には東家にアンコでしたが、今回は南家西家の河からペンがわりかし山に残ってそうという判断もありそうです。

リャンメン×2の1シャンテン以上にアガリやすいくっつき1シャンテンでドラ3の手。これならリーチに無スジでもまだ押すところ。現物のみなので尚更です。面倒なのはツモですが、当たり牌が絞れないうちにツモった場合はやむなくツモ切りでしょうか。

上家のを鳴いて待ち(役無し)でもベタオリするよりはマシに見えますが、より押し返しやすいテンパイになる受け入れがそこそこ残る1シャンテンとの比較なのでスルーを選択。ここでをツモったということは結果的にはアガリ逃しではありますが、それでも今回はこちらに分があるとみます。

山に3枚と1枚の勝負になりましたが、結果は1枚の方がツモって1000−2000のアガリ。

東4局

マンズはポンしてホンイツ(チンイツ)トイトイを狙う手牌。よってピンズが必要になるのは鳴かずにチートイツをテンパイした時くらいなので、単騎待ちが残った時にアガリやすくなるように打とします。

南1局

はドラそば、は789三色目かつ、他で雀頭が出来た時に良形を作る浮き牌。強めの浮き牌が2つあって巡目に余裕があるなら悪形ターツを落としてシャンテン戻し。

もありますが、ツモより先にテンパイが入ることが多いので、打点上昇とペン待ちが残ったときのアガリやすさをみてカンします。

南3局

南家のポンに対して3つ目の三元牌を引いてきたところ。止めざるを得ないところですが…

現物が尽きたところで何と打! 南家の最終手出しを切っていることからフォロー牌かターツの一部ですが、が3枚見えているのでシャンポン待ちが否定されます。単騎待ちも自分で切っているを安牌として引っ張っていたことから否定され、は通ることになります。南家がテンパイしているとするなら、から打としてカン。あるいはを引いて待ち。あるいはマンズでメンツ完成してソーズ待ち。これらは西家にも通ってないので、切るなら確かにがよいという結論になりますが、きっちり読めてなければなかなか選べない打牌ですね。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top