麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第34回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第34回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節四回戦A卓

▼対局者
就活生@川村軍団
お知らせ
小林剛
Ⓟ松ヶ瀬隆弥

牌譜はこちら

東2局1本場

一見浮いている打くっつきのタンヤオ変化を残すにしても打としそうになりますが、先にをツモった場合もこの巡目なら1シャンテンに取るよりはタンヤオへの変化を最大限にみるところ。よって先にから外します。

変化を最大限に見るならここでも打とするところですが、ツモならそこで打としても大差無く、マンズにくっついた場合もピンズ3メンチャン残りなら切りのロスもさほど気にならない。受けを残すに越したことはなさそうです。

前巡のはもちろんテンパイに取りませんが、ツモは役有りに構えられ、そろそろ他家のテンパイが入ってもおかしくないとなると迷うところ。マンズが場に高く、456三色もあるとなればまだテンパイ外しに分があるでしょうか。

結果的にアガリ逃しになった局面。最大限手広く受けるなら打ですが、打でもまずまずの1シャンテン。押し返す際に切る無スジは少ないに越したことはないとの判断です。

東家のアガリ牌を止めたうえで裏が2枚乗って跳満。可能な限り打点と良形を追う選択がうまくハマリました。

東4局0本場

テンパイに取っても役無し。流局間際でもないので、ポンで待ちに受けられるようにカンチャン落としがよかったように思います。

ノーチャンスのを止めるかどうかは意見が分かれそうですが、ソーズ多メンチャンになっていればすぐ東家からアガれていただけに悔やまれます。

南4局

ツモか西家直撃で裏ドラ、カン裏表示牌にがあればラス回避。枚数の少ない単騎待ちで、素点も反映されるルールである以上東家南家から出た場合も(表示牌が2枚とものケースがあるので完全なラス確ではありませんが)アガることになりそうです。

このリーチを受け、振らなければ大体トップの南家は最大限に放銃を避けるために安牌水増しのアンコ落とし。

逆に振ってもアガられてもほぼ2着の東家は全押し。がカンされ、ツモがあるので打

当たり牌のをつかみ最早これまでと思いきや、さほどテンパイ率を下げずにより安全な牌から切れたのでここで南が重なってテンパイ!当たり牌を切ってアガられてしまえば勝ち目が無くなるので、絶対に押す局面だとしても切り出す牌の順番を慎重に決める必要があることを知らされます。

ツモ次第で南家にも単騎のテンパイが入る可能性がありましたが、結果はテンパイ料でトップが入れ替わって終了。熱い勝負でした。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top