麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第71回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第71回

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第六節四回戦B卓

▼対局者

お知らせ
タケオしゃん
Ⓟ中嶋隼也
就活生@川村軍団

牌譜はこちら

東1局

なら受け入れのロスがありませんが、上家の仕掛けに対して安牌を残す打。2シャンテンからだと先手を取れるか微妙なところなので、実戦的には後手を引いた場合に押し返しやすい手順を残す方が有力であることも多いものです。

は後からでも通りやすい牌につき、ツモのタンヤオ変化残し。

北家が2フーロしてソーズ1メンツ落としているとなるとほぼマンズホンイツ。テンパイしているとすれば4枚見えのが当たる可能性はかなり高い。前巡通ったを合わせます。

チー打としてくっつきのクイタン1シャンテンに切り替え。テンパイしている他家に止めている牌を手牌に組み込む。今回のようにドラを固めている時は特に押さえておきたいテクニックです。

テンパイが入った西家から11600の出アガリ。西家としても打から回った東家に高打点テンパイが入っているのは想定外。北家の仕掛けに対しても、待ちとするならが鳴かれる前の手牌はの狭いくっつき1シャンテン。ソーズを1メンツ外してまで染めるならこの形が残っているとは考えにくい。テンパイが入った以上この放銃はやむを得ないと言えそうです。

南2局

満貫で十分な点数状況なら鳴いてチャンタドラ3狙いでよいですが、満貫出アガリでもまだ3着と遠いラス目。狙うはホンイツトイトイドラドラやリーチツモチートイツドラドラ。メンツを崩して1枚切れのから切り出します。

がアンコになり大チャンス。跳満、倍満への変化もあるのでここでは満貫のテンパイに取ります。

ツモで倍満テンパイ。少しでもアガリやすい単騎を選びたいところ。が多く見えてシュンツで使いにくい単騎に受けます。

2枚切れ単騎に待ち替え。ダンラスが1メンツ落としてまで仕掛けを入れているとはいえ、このはなかなか止まらなそうです。

東家に満貫をツモられると逆転されるので、完全に降りてればよいというわけでもないトップ目の西家から16000出アガリ。一気に点差を縮めましたがこの後手が入らずラスのまま終了。中嶋プロとしてはここでラスを引かなければ足切り回避できていただけに悔しいところ。勝負にたらればは禁物ですが、ここでもし4枚目のを持っていたのが北家だったらと考えてしまいそうになりますね。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top