麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第73回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第73回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第七節一回戦A卓

▼対局者

就活生@川村軍団
Ⓢ福地誠 
おかもと
独歩


牌譜はこちら

東2局2本場

ドラを受けて先切り。メンツ候補が揃っている場合はよく見られる手筋ですが今回はメンツ候補不足。ツモだけでなく、ツモのチートイツ、サンアンコ、2枚使いのイーペーコーが残る1シャンテンになる受けが減ります。アンコですが、が他家に使われてない可能性が高いことも踏まえると打としそうです。

 結果的に南家から一発で出アガリ。を引っ張った場合は待ちが読まれやすくなるのでのアンコ落としで止められたかもしれません。今回の手牌なら残しに分があるとみますが、このあたりの兼ね合いが難しいところです。

南1局

二度受けのペンチャンより3〜7牌を残すことが多いですが、ツモの123三色変化、の見え具合から受けが強いというのもあり1シャンテンに取ります。

トイツとの比較になったのでペンチャンを外しますが、が1枚切れたのでここでも打とする手もありそう。難しいところです。

結果的にはアガリ逃しからの満貫放銃。逆に北家は先切り(ペンのスジ待ちが残ってもリーチがよいので1シャンテンに取りつつ、良形、456三色変化を残す)が活きて放銃回避からのアガリ。紙一重の攻防が続きます。

南4局

タンヤオ狙いで打なら上家がポンして3メンチャンテンパイ。この点数状況、牌姿で上家がアガって3位終了は望むところではないので雀頭のテンパイを目指します。

絞りの甲斐あってテンパイ。ツモれば倍満でトップの手にまでなりました。リーチするとラス目南家の満貫ツモ、5200直撃でラスになりますが、こうなればリーチでしょう。

メンタンピンツモ三色、またはメンタンピンツモドラドラの跳満ツモ狙いでを見逃した南家。これでリーチすればツモか直撃で裏が乗ればラス回避になりました。は残り1枚なので流石にダマ続行としますが、こうなれば追いかけリーチはどうでしょう。結果的にはリーチして東家がで降りていれば北家から出アガリ。裏ドラがでラス回避できていました。

ただし東家が降りずに流局連荘となれば次局は満貫ツモ条件。東家が北家から出アガリすれば更に条件がよくなる。リーチすれば東家が降りる可能性が高くなるという懸念もあります。ダマ続行でも点数状況的に親はテンパイを崩す可能性が結構あるのでそれでもリーチしそうではありますが、このあたりの判断もやはり難しいところです。

新着記事

Return Top