麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第77回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第77回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第七節三回戦A卓

▼対局者
おかもと
就活生@川村軍団
独歩
Ⓢ福地誠

牌譜はこちら

東1局

アンコがあるチートイツ1シャンテンですが浮いているがドラ、トイツも鳴きにくいところが多いとなると手牌だけみるなら打でチートイツに決めたいところです。

しかし下家が役牌をポンしてソーズペンチャン落とし、マンズを1枚も切っていないとなると、アンコのはいかにも鳴かれそうな牌。鳴かれてテンパイを入れられるとそれだけ自分のアガリ率も下がることになります。今回はアンコのメンツ手もあるのでいずれ切らざるを得ない牌とは限らない以上、を絞るに越したことはないという判断でしょうか。

結果的にはテンパイ打牌ので放銃となりましたが、1000点なら横移動と大差なし。アガれば高い手であったからこその絞りと言えます。

東2局

が枯れていますが、スルーして現状ほぼアガリ目が無く、鳴いた場合は役牌が重なればアガリ目が残せます。鳴いても放銃リスクが上がらない手なら、「ツモが噛み合った時にアガれる可能性」を残す鳴きを意識しておきたいですね。

まさにツモが噛み合ってドラポンからの7700出アガリ。西家はリーチにもまず通る切り(リーチ前にが切られが通ったので)がよかったですね。

南3局

アタマの無い1シャンテンなので、ツモ残しが活きます。しかし言ってしまえばそれだけなので、ツモで1シャンテンに取れるように打とします。結果的にはターツを落としたことでを重ねてテンパイを入れることができましたが、現状はカンが特別弱いと読めるわけでもないのでターツを残すに越したことはないとみます。

ラス前トップ目で役無し悪形リーチは打ちづらく、良形、タンヤオに変化しやすいのもありペンチャンを落としてテンパイ外し。

しかしそのつもりなら1シャンテンのこの段階でペンチャンを外してへのくっつきも残すのが有力とみます。どうしても即ツモのロスが気がかりになりますが、「受け残しが有利な手牌、局面なら、特に状況変化が無ければペンが残ってもリーチ有利であり、その逆も言える。」と考えます。

ラス目からリーチが入りますが、満貫放銃でもラスに落ちずオーラスでトップ逆転の目は十分残る。降りていてトップ安泰というわけでもないので止まらなそうです。しかし、ラス目からのリーチ一発目の無スジですら降りないとなると、先制テンパイの段階でリーチに分があった気もしますね。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top