麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの戦術本レビュー第593回「麻雀AI戦術 著:水上直紀  その33」

ネマタの戦術本レビュー第593回「麻雀AI戦術 著:水上直紀 その33」

CABO求人MEWS

Q71

 リャンメン×2の1シャンテンと、雀頭を作りやすい形がないリャンメン×2のヘッドレス1シャンテンは、メンゼン限定なら和了率は同程度。今回は単騎テンパイになるとはいえチーテンが取れる分後者がアガリやすいと言えます。

 鳴いた方がアガリやすいことは具体的な数字を出さなくても判断できることですが、どの程度アガリやすくなるかも今回の問題で分かるようになりました。鳴いてドラ1とリーチドラ1なら、和了平均点は一発裏メンゼンツモ込みで後者が2倍以上高くなります。アガれなかった場合の失点もあるとはいえ、今回くらいの差であれば平場ならスルーに分がありそうです。

Q72

 鳴いて打が推奨されていますが、ツモでも1シャンテンになる打の方がよいとみます。リャンメンから鳴いてかなり苦しい形が残るとはいえ、単純にシャンテンを進めた方がアガリやすい、それなら鳴いても打点がほぼ下がらないこの手なら鳴いた方がよいでしょう。

 むしろ、鳴いても悪形ばかりの2シャンテンとなればリャンメンを鳴いたところでアガリ率は少ししか上がらないということの方に着目すべきかもしれません。明確に打点が下がる場合はもちろん、鳴いて高い場合であっても、待ちや手役が特定されやすいからリャンメンからはスルーが有力ということも案外あるのではないでしょうか。

本記事に関するご紹介

サラバ人間の思考! 
囲碁将棋につづき麻雀も、
人工知能(AI)に正解を聞く新時代が到来! 
 
ネット麻雀天鳳で最高段位九段、平均順位2.35という驚異的な数値をたたき出した最強のAI「爆打」が、迷いやすいリーチダマ判断・何切るを会話形式で回答していく。
 
難しい理論よりも、さっと読んで楽に麻雀が勝てるようになりたい人向けの本。
 
水上直紀(著)
定価:1,620円
 

購入はこちら

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top