麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの戦術本レビュー第762 回「セット麻雀必勝法 著:H坂 その14」

ネマタの戦術本レビュー第762 回「セット麻雀必勝法 著:H坂 その14」

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!
  • 鳳南研究所の麻雀ウォッチ記事はこちら

第3章 43

 「ちゃんとした麻雀」が「よそ行きの麻雀」のことであればもちろんちゃんとする必要はありませんが、「勝つための麻雀」であっても、実はそこまでちゃんとする必要はありません。それなりに出来ているものを完璧にしようとするのは、労力の割には効果が大きくなく、労力を割き過ぎたために他のことでミスをしてしまう恐れもあります。一つのことを完璧にこなそうとするよりは、それなりでよいので万遍なく出来る方が勝ちやすいものです。

 とはいえ、「それなりに出来る」段階になる前に新しい知識や技術を取り入れようとすると、どんな局面で何を優先すべきかを誤ってかえって勝てなくなる恐れがあります。

 では、どの程度出来れば「それなり」と言えるのか。これは完全に私の主観ですが、「ミスにすぐ気付けるようになったら」というのが一つの目安と思っています。かなり強い人でも基礎的なミスを全くしないわけではないので、ミスが多い自分はまだ早いと思って新しい技術を身につけようとしないのは勿体ないことです。「まだ早い」という言葉が自分から出るのは、むしろそれなりに出来るようになった証拠です。

第3章 44

 麻雀に勝つことばかり考えていると、つい他のことが疎かになりがちです。麻雀は相手が居なければ打てないのですから、事前の打ち合わせは大事ですね。

 余談になりますが、「まあじゃんほうろうき」は私の一番好きな麻雀漫画です。その中で出てくるUさパパ(やたらと顔がでかく書かれていて、作者の西原理恵子氏が何度となく爆弾発言をかますのでいつもブチ切れている)が、本書のイラストと全く違っていて思わず笑ってしまいました(笑)

第3章 45

 「机上の何切る」は、どの牌をツモる確率も同等、アガリに近い形なら統計上の出アガリしやすさも一応考慮するくらいのつもりで判断するようにしています。

 今回の手牌であれば、何らかの理由で待ちよりカンの方がアガリやすいとみるなら打のシャンポンの方がアガリやすいとみるなら打とする手も考えられます。流石に単純リャンメンと、字牌以外のリャンメン以外の待ちで後者を選ぶことは場況込みでも稀だと思いますが、実戦との違い自体は意識しておいた方がいいですね。

 

竹書房で一番麻雀が強い男が明かすセット麻雀必勝法

史上初、セット麻雀(知り合い同士の麻雀)必勝法の本です。

もし知り合いと麻雀をしたことのある人でしたら感じたことがあると思いますが、どんなセット麻雀にもそこに「勝ち頭」の人がいます。なんであいつに勝てないんだろう?
その人とあなたはどこが違うのでしょうか。
本書は竹書房という一会社を例にそれを解き明かします。ぜひこれを読んであなたも「勝ち頭」になってください。

 
H坂
単行本:1,620円

 
 

購入はこちら

 

 

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。1984年佐賀県生まれ。東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top