麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの戦術本レビュー第769 回「セット麻雀必勝法 著:H坂 その21」

ネマタの戦術本レビュー第769 回「セット麻雀必勝法 著:H坂 その21」

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!
  • 鳳南研究所の麻雀ウォッチ記事はこちら

第4章 65

 役牌を絞りがちな打ち手は、そもそも鳴かなかったところで役牌を絞られることが多いというのもあります。鳴きやすさを意識しておく必要はありますが、他家は必ずしも合理的に打つとは限らないですし、鳴かれやすい役牌を切ることがむしろ合理的であることもあることは忘れないようにしたいものです。

 バック仕掛けに関しても、対戦相手の打ち筋よりはまず手牌と局面に着目して判断することをお勧めします。他家が役牌を止めてこないとしても、そもそもバックで仕掛けるくらいならメンゼンリーチの可能性を残した方がよい手牌もそれなりにあります。バックでも躊躇なく仕掛けられるタイプの打ち手はむしろそちらに注意した方がいいですね。

第4章 66

 3〜7牌は残しても、28牌を残してまでクイタンに移行する手を考える人はあまり多くないのではないでしょうか。もちろんメンゼンリーチを打ちやすい手であればペンチャン>28牌ですが、アガリまで遠く、クイタン狙いで仕掛けた方がよいメンツ候補がある手牌ならペンチャンを落とすのも一考です。クイタンで仕掛けた場合に、28牌を残している分受け入れが広くなります。
 本書の牌姿からはが出てもスルーします。スルーした場合は3シャンテン。鳴いてクイタン狙いはメンツ候補として使えるのが1メンツ1ターツだけなので実質5シャンテン。ドラポンで場の主導権を握ることができるというメリットはありますが、かえってアガリにくくなっているとみます。

第4章 67

 手詰まりにならないに越したことはありませんが、もし手詰まりになった記憶がほとんどないというのであれば、鳴くべき手で鳴けていない、あるいは手広く受けるべき手で安牌を抱え過ぎている可能性があります。運の要素が強いゲームである以上、確実に失点を回避しようとすると、必要以上に加点のチャンスを失うことになりかねません。

 また、手詰まりを必要以上に恐れると、安牌が無いケースで少しでも安全な牌を探すといった技術が身に付きづらくなるというデメリットもあります。無闇に打ち方を変えるべきではありませんが、手牌と局面に応じた打ち方を心がけていると、勝つために必要な技術が様々な技術が身に付きやすくなるという利点もあるのです。

竹書房で一番麻雀が強い男が明かすセット麻雀必勝法

史上初、セット麻雀(知り合い同士の麻雀)必勝法の本です。

もし知り合いと麻雀をしたことのある人でしたら感じたことがあると思いますが、どんなセット麻雀にもそこに「勝ち頭」の人がいます。なんであいつに勝てないんだろう?
その人とあなたはどこが違うのでしょうか。
本書は竹書房という一会社を例にそれを解き明かします。ぜひこれを読んであなたも「勝ち頭」になってください。

 
H坂
単行本:1,620円

 
 

購入はこちら

 

 

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top