麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの戦術本レビュー第1072回「『麻雀技術の教科書』編 その4 著:井出洋介・小林剛」

ネマタの戦術本レビュー第1072回「『麻雀技術の教科書』編 その4 著:井出洋介・小林剛」

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!

当レビューは書籍の内容に関するネマタ氏が当書の回答に異論があるもの、追記事項があるものを取り上げます。姿牌、局面については書籍を購入してご確認下さい。

第1章 基本となる手組みの考え方

case3 ターツ選択のセオリーとは?

リャンメン>カンチャン>ペンチャン。何度となく言われてきたセオリーですが、優劣の大小を踏まえるとリャンメン>>>>カンチャン>ペンチャンくらいのイメージです。つまりカンチャンやペンチャンを残してリャンメンを落とすことは(特定の手役狙いでもなければ)滅多にないですが、カンチャンとペンチャンの優劣はそれほど差がありません。「この場だとカンチャンよりペンチャンを残した方が何となくアガリやすそう」くらいのつもりでペンチャンを残すのも、個人的にはさほど悪いとは思いません。

牌姿1は1アタマ2メンツあって1シャンテン。先にをツモればいずれにせよ待ちは1種のみ。打としてもすぐをツモるようならリャンメン変化を残せます。これくらいなら、残り4枚、が1枚切れで残り3枚くらいの差でもペンチャンを残してカンチャンを落とすことが多そうです。1シャンテンからのターツ選択なら、リャンメン変化にこだわるくらいなら、すぐテンパイした時にどちらがアガリやすそうかで判断します。

これが1アタマ0メンツや、0アタマ1メンツの3シャンテンなら、テンパイするまで手数がかかります。そうなると、テンパイする前にカンチャンがリャンメンに変化する可能性も高まります。また、「ペンチャン待ちが残ればアガリやすそう」という読みが正しかったとしても、テンパイ時点までペンチャンが残る可能性も低いです。よって、アガリに遠い手ほど、カンチャン>ペンチャンのセオリーが覆ることは少ないと言えます。

リャンメン変化が2種あるカンチャンと、1種しかないカンチャンの比較でも似たようなことが言えますね。テンパイに近い段階で強い待ちを残す技術も重要です。「多少待ちが薄くなってもリャンメンは強い」「カンチャンペンチャンの比較は場を見て判断することも多い」。余裕があればこれも押さえておきましょう。

麻雀技術の教科書

読めば勝率が上がる! すべての雀士必携! 新しい麻雀戦術書!

麻雀の打ち方は人それぞれです。
本書の著者の二人を比べてみても、井出プロは手役重視、
小林プロはスピード重視と、スタイルがかなり違います。

打ち方が正反対の二人に共通する考え方があれば、
それは、現代麻雀のセオリーといえるのではないか。
この問いから、本書は生まれました。

「アガリ方の基本を1冊に」
「複雑な牌姿でも、迷わず打てるように」
というのが基本方針ですが、
ルールを覚えたばかりの人でも読めるように
丁寧に解説することを心がけました。

購入はこちら

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top