麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの戦術本レビュー第1197回「『世界最強麻雀AI Suphxの衝撃』編 その15 著:お知らせ」

ネマタの戦術本レビュー第1197回「『世界最強麻雀AI Suphxの衝撃』編 その15 著:お知らせ」

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!

当レビューは書籍の内容に関するネマタ氏が当書の回答に異論があるもの、追記事項があるもの、または更に掘り下げたい部分等を取り上げます。姿牌、局面については書籍を購入してご確認下さい。

▼書籍版



▼Kindle版

第2章 スタンダードな押し引き

ツモ切りリーチ

①持ち点による「どっちでもいい化」

麻雀AIが一見非合理的なツモ切りリーチを打たれることに驚かれる人もいらっしゃるかと思いますが、将棋AIは同一局面であっても、評価値から「どっちでもいい」と判断した場合は指し手をランダムに選びます。そうなると、この局面ではリーチでもダマでもどっちでもいいので、一旦ダマにしたものを途中でリーチに切り替えるということも有り得ます。今回は特段状況の変化が見受けられないので、まさに「どっちでもいい」のでリーチしたと考えられるのではないでしょうか。

人間が強くなるためにも「どっちでもいい」と判断できるようになることは非常に重要です。どんな時にどっちでもいいかが分かっていれば、明確に優劣が分かれるケースでより精度の高い判断を下すことができるようになります。

②危険牌止めリーチ

今回は南家の副露という明確な状況変化があります。がかなり切りづらく、かといってこちらもテンパイなら完全に降りるほどではないのでは押し。出アガリがきくテンパイではないのでリーチ。言われてみれば納得というところですが、止めた危険牌で単騎リーチはいかにも分が悪そうに見えてしまうもに。しかも手変わりとしては絶好のを引いたのですからなおさら。局面は線で把握しても、打牌比較は点で考える必要があることを改めて認識させられます。

③弱愚形から強愚形へ

5巡目なら良形への変化だけなら8種程度、1翻アップの変化があれば良形への変化だけの場合やや少ない程度でも手変わりを待てるというのが一つの基準。つまり良形変化を1点、1翻アップを1点+αとして8点程度あれば手変わり待ちを考慮することになります。2翻アップのツモは2点+αから3点、そのままツモアガることもフリテンリーチも打てるツモは1点+αより高く2点程度。とのシャンポン待ちになるツモが1点、赤引きが2枚あるので1点弱とすると、8点に届くかどうかというところ。手変わりの質が落ちたのでツモ切りリーチも妥当なところでしょうか。

中終盤になると手変わりを待てる牌姿は大幅に減りますが、今度は失点回避のためのダマが候補に上がります。このあたりの判断はまだまだ難しいので今後の研究が待たれます。

④手役の見切り

2翻アップの、フリテンリーチ狙いの。これだけでは明らかに手変わりが足りないのでフラットな局面ではまずリーチするところ。今回くらいのダンラスであってもオーラス親番なら微妙とSuphxは判断したようです。の先切りでの出アガリ率を高める手筋をAIが駆使しているというのもなかなか感慨深いですね。

⑤モギリー想定

ダマでも満貫クラスのテンパイのケースも状況変化でツモ切りリーチに切り替えるケースがそれなりにある手牌。私なら何度やってもカンダマを選びそうですが、高打点同士の比較なのでシャンポンダマからの状況変化でツモ切りリーチも一考というところでしょうか。恰好としては「モロヒスジを嫌った」ように見えますが、リャンメン変化が薄くなったというのもリーチに切り替える理由になるので、空切りできる牌を引いた場合に果たして空切りでリーチしたのかも気になるところです。

 

世界最強麻雀AI Suphxの衝撃

世界最強の麻雀AIを人間のトッププレイヤーが本格解説!

2019年6月、麻雀AIで初めて天鳳十段に到達し話題をさらった「Suphx」(スーパーフェニックス)。

天下のMicrosoft社が麻雀という不完全情報ゲームに殴り込みをかけてきたのです。「Suphx」の強さはもはや人間のトップレベルに達しており、他のボードゲームがそうであるように、麻雀も「AIから学ぶ」時代に突入しつつあります。

本書はその端緒となるもので、最強のAIである「Suphx」を人間界のトップといえる天鳳位を獲得したお知らせ氏が徹底的に解説するのものです。

お知らせ氏の筆致は処女作である『鬼打ち天鳳位の麻雀メカニズム』で証明されたように緻密にして正確無比。「Suphx」の打牌を咀嚼し、人間の知として昇華する上でこれ以上の適任はいないでしょう。

ぜひ本書で「Suphx」の強さの秘密と、麻雀というゲームの深淵を味わってください。

●目次
第1章 強くなること
第2章 スタンダードな押し引き
第3章 中盤のスリム化
第4章 序盤の方針

●著者プロフィール
1989年9月18日生まれ。
神奈川県横浜市出身。東京大学工学部卒。
第14代四麻天鳳位。
著書 「鬼打ち天鳳位の麻雀メカニズム」(マイナビ出版)

購入はこちら

▼書籍版



▼Kindle版

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top