麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
第172回 ネマタの麻雀徒然草

第172回 ネマタの麻雀徒然草

CABO求人MEWS
ネマタの麻雀徒然草とは
  • 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。
  • 第1回はコチラ

第144回で紹介させていただいた、「アタマ麻雀」セットをやりました。場所は天神の「まぁじゃん118」。メンツはゆるゆる麻雀会主催のなんちく氏、天鳳三麻十段のT氏と私です。

雀荘に花牌が無かったので抜きで代用(役満のみ手の内で使える)。白ダイヤが1枚あったので白ダイヤ(リーチ後ツモるとオールマイティ)採用。ツモ平和無し、点数計算はツモ損で100の位は切り上げ、積み棒1000点のルールで遊ぶことになりました。

全員アタマ麻雀はデビュー戦ということで、最初のうちはなかなか発声できずに普通の三麻になりがちでしたが、東ラスに入ってアタマが1つも無ければターツもほとんどない配牌が入りました。普通の三麻ならあわよくばの国士無双を狙うところですが、アタマ麻雀なら迷わずハダカ狙い。メンツ手の他家が使いにくいところを立て続けに「アタマ」してあっと言う間の裸単騎。早速役満達成かと思ったところでT氏から待ちオープンリーチ。一発目に自分で切っているを掴み泣く泣く単騎にすると、間もなくツモってきたのは。最初に役満の餌食になったのは私でした(笑)「東大を出たけれど」のエピソード、小四喜裸単騎からのオープンリーチ振り込みのエピソードを簡単に再現できてしまうのが、アタマ麻雀の醍醐味かもしれません(笑)

次いでなんちく氏が裸単騎になったところで、今度は私がオープンリーチ。すると今度はなんちく氏が捕まりになって役満払い。アタマよりメンゼンが強い展開が続きましたが、オーラスなんちく氏が力強いハダカツモアガリ。役満ツモでも私はトップでしたが、単騎の役無しカリテンにとったところでカンリーチを打っていればハダカを阻止できていたので結構な損失。「アタマアタマ」と連呼されていたので、無意識のうちにアタマ待ちにしてしまったのかもしれません(笑)

それからは段々ゲームに慣れてきたのもあり「アタマ」合戦が結構続きました。私は一度「アタマ」するとチートイツに固執しがちでしたが、メンツ手との両天秤で進める手も十分あったはずなので、もっと発想を柔軟にする必要性を痛感させられました。どの程度の手牌なら「アタマ」移行した方がよいのかは結局数ゲームでは掴めなかったので、時間に余裕があれば、「何切る〜アタマ編」も考えたいということも話していましたが、個人にとって麻雀はあまりにも未知の領域が大きいもの。名残惜しいですが、再び四人麻雀の世界に舞い戻って日々邁進することを誓うのでありました。それではまた次回。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top