麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
『多井熱』発売記念 多井隆晴がなんでも答えるトークショーレポート!芳林堂書店高田馬場店で開催!

『多井熱』発売記念 多井隆晴がなんでも答えるトークショーレポート!芳林堂書店高田馬場店で開催!

CABO求人MEWS

 4月16日 芳林堂書店高田馬場店にて、多井隆晴プロの著書『近代麻雀戦術シリーズ 多井熱』(竹書房)発売を記念したトーク&サイン会が行われました。書店で作家や漫画家が実施するようなイベントを麻雀プロが行うのは珍しく、開催前から注目が集まっていたこのイベントに、我々麻雀ウォッチ編集部も取材に伺いました。

 DSC_3412-min

 会場となったのは芳林堂書店高田馬場店の8階催事場。多井プロは20人くらいの和気あいあいとした会を考えていたようなのですが……

 開場前から整理券を持った人が行列になり、予想の4倍、およそ80人が集まる大盛況イベントとなりました。

 麻雀最強戦実行委員長の金本晃氏の挨拶で始まり、多井プロの入場。多くのお客様のご来場に多井プロにも驚きの声。

 DSC_3420-min

 開幕は麻雀最強戦の映像を流しながらの生解説。

 一つ目のシーンは森下プロからの清一色の直撃シーン。多井熱のカバーにも載せられた牌姿です。

 DSC_3432-min

「どうしてもファイナルに出たかったのでこの直撃は本当に嬉しかったです。しかし、まだオーラスもあるのであんまり喜びを前面に出すわけにもいかず、気持ちを引き締めている場面でした。昔お世話になった安藤満さんが、悪魔に魂を売ってでも勝ちたいと言っていたこの最強戦をどうにかして勝ちたいねと河野高志と阿部孝則とよく話しています。なんとか一生のうちに優勝して、安藤さんにいい報告がしたいなあ。」

 もう一場面は去年のファイナル決勝の東1局。

DSC_3446-min

 大三元聴牌を果たすも、金プロのあがりとなったこの一局。

 「金プロ、馬場プロ、猿川プロがそれぞれにいいプレーをしたのでこの局はあがりに至らなかったかな、という印象です。南3局とかであれば、クレバーに自信があるペンにとったまま跳満のあがりを手にしたかもしれませんが、私は麻雀プロとして魅せなければならないので、死ぬまで大三元に受けます。」と振り返りました。 

 そしてメインイベントの質問コーナー。“なんでも答えます”との宣言にかなりギリギリな質問も寄せられましたが、持ち前のトーク力で時に真面目に、時に笑いを交えて答えていきます。

 寄せられたたくさんの質問の中からピックアップしていくつかご紹介します

麻雀を他の言葉に置き換えて読んでみてください

------好きなファッションは?

多井プロ 『スーツでも私服でも、ブランド頼りで。こだわりはないですけどなるべく高いものを着るようにしてます。エルメスとかアルマーニとかポールスミスとか。スーツは7着くらいもっていようとするんですけど、毎年太って切れなくなるので、今年 4着、4着、3着と買いましたね。一番最近買ったスーツは、ちょっと変で透けてるんですよ。パンツが透けてて驚きました。みんなみ見られて恥ずかしかった(汗)』

------アイドルを好きになったきっかけは?

多井プロ 小学校の頃、友達がおニャン子クラブの夕焼けにゃんにゃんという番組の観覧席を当てて、誘われたんですよ。みんなの前では「そんなの行くかよ!」と言ったのですがあとでこっそりその人に連れてってといいました(笑)その時に見た渡辺美奈代さんが本当にかわいくて、それからアイドルに興味持ちましたね。AKB、NMBの握手会には月の10日以上行っていた時期もありました。握手会の列に並んでお気に入りの子と握手したりしてましたよ。しかしとある頃から「あの人多井隆晴じゃね?」ってバレたりして、それで俺の列ができちゃって(笑)それからいけなくなっちゃいましたね。今は、白間美瑠(NMB48)さんが好きです。

------麻雀牌に触れない日はありますか

多井プロ 若い頃は毎日触っていましたが、ずっとそうしていたら、惰性で打ってしまう事がありました。手拍子でいらない字牌から切る、みたいな。そんなに大きなミスにはならないが、80点くらいの麻雀。そうすると、違う癖がついてしまうので、30代後半くらいからは回数が減ってきて、2,3日に1回しかうたないようになってきた。解説の仕事が月10くらい、打つ仕事が月の10回ちょっとくらい、あとは取材や別のお仕事で埋まる感じです。研究会は牌を使ってすることもあれば、考えるだけの研究もあります。麻雀プロって、試合ばっかりするんですよ。野球選手だって打撃練習とかキャッチボールとかするのに。だけど、僕はしっかり練習する時間を設けてる。そこで他のプロと大きく差をつけることができましたね。

金本さん 「多井さんクラスでも、練習、勉強するごとに新しい発見ってあるんですか?」

いっぱいありますよ。本が出たりするたびに、1冊ごとに少なくとも5つは新発見。鳴きの本とかは10個くらい。ただ、全部まねしてみようとしてみても失敗はするけど新たな知識は大切。だから研究会とかは大事で、僕は自分の考えを全部話すんですよ。

1人の力で40年がんばるより100人で40年頑張るほうが圧倒的に向上するので、自分から包み隠さず言って情報を共有しようかなと。そうしたら他の人たちも自分の意見を言ってくれて、それでどんどんいろんな情報をもらって。どの積み重ねで今の自分がありますね。

------多井さんの対局前のルーティンを教えてください。

多井プロ スーツとシャツを選ぶときに、体温を気にします 35.8くらいのときと 36.5くらいのときと 37.0位の時で分けるんですよ。そうすることで、集中力を増して対局することができます。試合前は肉を食べるのと、駄菓子をたくさん食べます。試合は8割くらいあがれなくてどうしてもストレスがたまってしまうので、事前にお菓子を食べてストレス解消しておいて、対局中は我慢すると。あと前の日と終わった後はなるべく高いものを食べます。

------麻雀で強くなるために麻雀以外で必要なことは?

多井プロ 嫌いな事、自分が一番やりたくない事をやってください。マラソンでも登山でもなんでもいいです。それから、これは解説のためでもあるから麻雀のためになっているのか自分でもよく分かってないんだけど、読書したり映画観たり新聞読んだりもしていて、いろんな人の気持ちがわかるようになってプラスになっているなと思います。

------今注目している若手プロは?

多井プロ 男子は松本吉弘プロ、女子なら与那城葵プロ。松本はRTDに出場中だし、与那城は最近女流プレミアトーナメントの決勝に進出を決め、二人とも若くして大きな場で勝負してる。どちらも「持ってる」タイプだと思うし、「持ってる」ことはとても大事。あとビジュアルもすごくいいよね。他の人の目を惹くには充分。

------RMUの中なら?

多井プロ もちろんRMUにもたくさんいます。最近ほんとに若手が育ってきてて、他団体との交流戦でも結果を出せる実力を持つ人が何人もいる。例えば松ヶ瀬隆弥プロはどこにいっても通用すると思います。

------RMU設立時考えもしなかった嬉しいエピソードは?

多井プロ それはまたこうやって表舞台に立てたこと。連盟で大きなタイトル獲って役職に就いて仕事もいっぱいあったけど、辞めたことで全部なくなって……。そこからRMUを設立して頑張ってきた。もちろん成功を目指してやってきたけど上手くいくかは分からなかったから。団体が認められて、こうして皆さんの前でイベントを行えるようになったことがとても嬉しいです。再び連盟さんとも共に活動が行えるようになったのはここにいる金本さんが橋渡しして下さったことがとても大きいです。金本さん本当にありがとうございます!

------多井さんの初恋を教えてください

多井プロ 3歳くらいの幼稚園の先生、それは恒例のやつでそんなの恋じゃねえよって感じですよね。初めてお付き合いした小5~6の時でとんかつやの子でした。僕がとんかつが好きで、僕の事を好きな子が、「ウチに来たらとんかつをごちそうするよ」って言ってくれて、それで好き好き言われてるうちに好きになっちゃって。よく一緒に帰ったりしましたね・・・って初めてしましたよこんな話(笑)とんかつやのともちゃんって子でした。

------多井熱で一番読んでほしいところ

多井プロ この本を読んだ人は若手プロとか、これから麻雀頑張る人向きの本だと思うかもしれませんが、行間を読むじゃないですけど、麻雀をほかの言葉に置き換えて読んでみてください。他でも通ずる部分はあると思っています。もうちょっと積極的になってみようよとか、姿勢の話として。もともとそういう部分を書きたくて、書いた本ですので。

------自分の周りのまったくしらない人に麻雀を教えるとき、何を教えればいいか

多井プロ まずは「ダメ」から教えないこと。これが一番大事ですね。これまで数多くの人に教えてきた経験からなのですが、「ダメ」から教えた人は全然強くなっていないです。いいところをどんどん褒めていくことですね。例えば、4枚麻雀、7枚麻雀をやって、アイディアをほめることがいいとおもいます。あと、役を教えない事。役は知らなくてもいいから数字の並びだけでしばらく麻雀に触れるのがいいですね。

------ではまもなく閉会となりますが、最後に多井プロからのメッセージをお願いいたします

多井プロ もうおわっちゃうの!男性プロがこういう企画をするというのは、僕がコケたらだれも続かなくなっちゃうなと思ったので成功させたいなと思ったのでどうしても成功させたいなと思っていました。たくさんの方に来ていただいて本当にありがとうございます。皆さんが喜んでいただける活動をするのが麻雀プロの使命だと思っているので、どんどんいろんな意見を頂ければそれに沿って努力していくので今後ともよろしくお願いいたします!

 他にもRTDのナイショの裏話など、ここでは紹介しきれないほどの質問に次々と答えていきますがここでタイムリミット。サイン本お渡しの時間となりました。あと3時間くらいは欲しかったと語っていた多井プロは、サイン本を渡し記念撮影に応じながらもファンからの質問に答え続けていました。

 

 

  予想を上回る来場者に喜びながらも、ファン一人一人の満足度を気にかけていた多井プロ。勢いが留まるところを知らない麻雀界のスターは、次はどんなことをして我々を驚かせてくれるのでしょうか。

 

DSC_3502-min

この記事のライター

まろちょふ
全国津々浦々に蔓延る魑魅魍魎として存在する。
アマチュアも参加可能の競技麻雀大会にふらふらと参加している。
ラーメンと肉が大好きなダイエッター。
本名は珍しい苗字なので比較的覚えられやすい。
Twitter(@maroonzoltic1)

新着記事

Return Top